first
ニュース

「家事支援サービス認証事業者」 第1号認証を取得しました

2017年02月16日 木曜日
家事代行サービス

ベアーズは日本で初となる「家事支援サービス認証」を取得しました。
第一回認証式は、2月 16 日(木)、東京都中央区のTKP東京日本橋カンファレンスセンター ホール2Aにて行われ、ベアーズの他、ミニメイド・サービス、ダスキン(ダスキンメリーメイド箕面店)、 カジタク、ミライドの 4 事業者が認証を受けました。

ロゴ

家事支援サービス認証

【家事支援サービス認証制度とは】
家事支援サービスの利用を考えているお客様が安心して企業を選べるよう、 家事代行事業者の提供するサービス品質を書類と現地審査により評価し、 安心・安全な家事代行サービス事業者を公表するもので、経済産業省の委託を受け、 一般社団法人全国家事代行サービス協会と一般財団法人日本規格協会が行う第三者認証制度となります。

【背景】
女性の社会進出の増加によるニーズの高まり、「逃げるは恥だが役に立つ」に代表される 人気ドラマ等による認知拡大を受け、家事代行サービスは共働き世帯を中心に、 需要が大きく拡大しています。経済産業省によると、市場は今後約6,000億円まで成長するといわれており、 名目国内生産性(GDP)目標2020年600兆円の牽引役(RORA※)の1つとも予測され、事業者も急増しています。

一方で、「他人を家に入れることに抵抗がある」といった、消費者イメージも根強く存在し、 家事代行サービス品質の「見える化」により、幅広い層にとって利用しやすいサービス供給体制を構築し、 家事代行の利活用を促進することを目的に、認証制度が創設されました。

【ベアーズの今後の取り組み】
今回の認証制度のスタートは、どなたでも安心してご利用いただける社会インフラサービスとしての 「家事代行サービス」の認知を更に高め、業界の発展にも大きく寄与する画期的な内容となります。

家事負担軽減や女性の社会進出が注目される中、ベアーズは業界のリーディングカンパニー、 日本初の家事支援サービス認証企業として、家事代行サービスを“日本の暮らしの新しいインフラ”とすべく、 今まで以上にサービス改善を強化し、お客様の暮らしに寄り添う、 「安心」「安全」「快適」「便利」なサービス提供に努めてまいります。