求める人物像|家事代行のベアーズ 新卒・中途採用サイト

求める人物像

求める人物像・対談 執行役員・岡村和佐×CS本部 東日本統括部 部長・中井武士

――ベアーズで活躍する人

岡村
執行役員
(以下、岡村):
私が入社した頃はまだ社員が10人くらいで、会社の成長と共に様々な部署を経験しました。ベアーズの中で知らない仕事がほぼ無いというくらいです。
中井部長
(以下、中井):
長く在籍している社員は様々な経験をして今のポジションを確立していますよね。うちで活躍する人は本当にフレキシブルで、大きな目標に向かってチャレンジ出来る人が多いです。
岡村:
これまでに無かったものを創る会社にはそういう人材が必要だと思います。意欲や熱意をとても重視している会社だから若いうちからチャンスがありますよね。
中井:
ベアーズの特徴はひとつの部署や部門で昇格するだけではないキャリアの積み方が出来ることですね。例えば、営業部の社員がマーケティング部に異動するとか。入社した時は営業系・管理系の括りが無いことに驚きました。
岡村:
ベアーズならではですね。社員にやりたいことをさせるのが成果につながると考えているから自分の意志は反映されやすい会社だな、と思います。
中井:
能力やタイミングが合えば叶えられますよね。

――仕事と家庭の両立

岡村和佐

岡村:
ところで、今後の会社のミッションとして、働きながら子育てが出来る環境が必要だと感じているのですが...。
中井:
特に子育て中の人は気になると思います。最近、面接を担当していて出産、育児、介護などのライフイベントをしっかり考えている人が増えたな、と感じます。
岡村さんは役員を務めながら、2人の子育てをしているので、岡村さんの経験に興味がある方も多いのではないでしょうか。実際、育児短時間勤務をされていますが、限られた時間で仕事をどうまわしているのか、というのは私も気になります。
岡村:
やはり大変ですよ。どうしても業務に優先順位をつけなくてはならないですし、今日はやりきった!という日が実は無いんですよね。達成感が無い状態が細切れに続いていく感覚です。
中井:
そういう状況ではタスク管理がすごく大切ですね。
岡村:
子育てしながら働く人はみんなそうなんだろう、工夫しなくては、と思って頑張っています。一般的に「子育てしながら働く環境はつくります。でも評価は出来ません。ポジションも与えられません。」という会社が多い中で、ベアーズは成果に対して良くも悪くも正当に評価してくれる会社だと思います。
中井:
成果に対する評価は時短勤務であろうと変わりませんよね。
岡村:
ベアーズみたいな会社に入社したいと思う女性は、仕事も家庭も両立したいという人が多いのではないでしょうか。そういう人達に今後のベアーズを担って欲しいし、例えば子供に「かっこいいお母さん」と言われることを目標に働いている人の夢を実現したいです。
中井:
それは営業部でも是非やっていきたいです。というのは、絶対に失いたくない人材がいるので。仕事に対する想いがあって、能力もあり、社員から慕われていて...という人が結婚・出産・育児・介護で会社と縁が切れるのは悲しいことだな、と思います。岡村さんには是非、女性社員が活躍する道しるべとなっていただきたいです。
岡村:
はい、もちろん!でも男性にも言えることですよね。中井さんが結婚して、奥さんが出産、職場復帰を希望した時に中井さん自身がどうサポートするか、という話になるはずです。
中井:
そうですね。うちは育休を取った男性社員もいますよね。私は驚きましたけど、自分に置き換えて考えるきっかけになりました。

中井武士

岡村:
仕事の質は時間に比例するとは限らないですよね。私の場合は限られた時間で成果を出す方法を考えなければならない。やるべき時はしっかり働いて、休む必要がある時はしっかりと休む、といったメリハリが大事です。
中井:
仕事以外にも、人生で叶えたい夢は全て叶えて欲しいと考えているのがベアーズですよね。
岡村:
ただ、それで仕事を楽にできるかといったら正反対。ホントにバリバリの会社だと思います。今までに無いものをみんなでつくるぞ!っていう男気あふれる会社だな、と。強いパワーが溢れていますよね。
中井:
そうですね。

――ベアーズの求める人材像

岡村:
ベアーズの求める人材像は心がしなやかな人だと思います。社員は芯が強い人が多い。困難な事が起きた時にポキッと折れるのではなくて竹のようにしなることが出来る人。そういう人が今後のベアーズにとって大事だと感じます。
中井:
私はスケールの大きなことをやりたいと考えている人に来て欲しいです。「お給料がいくら欲しい」ではなくて「自分がベアーズを大きくします!」というイメージです。自己実現のためにベアーズを活用するくらいのつもりで来て欲しいですね。社長も副社長も社員はみんな同じですけど、一番大切なのは「想い」だと思う。どんなに学歴、キャリアがあって、優秀な人でもやっぱり「熱い気持ち」がないと能力を発揮できないと思うから熱意のある人に来てもらいたい。
岡村:
それから、明るく素直な人はすごく大切な存在です。「明るく素直であること」がサービスそのものにつながっていると感じるから。今までに無いものを創るからこそ、素直っていうのは素養として持っていて欲しいです。特に新卒採用で入社する人には期待したいです。そういう人が入社すると、元々いる社員にも刺激になりますしね。
中井:
こんなに偉そうなことを言いつつも、私がベアーズに入社したきっかけは実は直感だったんですよ。家事代行が今ほどメジャーではなくて、気まぐれな感じで選考を受けて、その日のうちに入社が決まりました。今はあの時の直感を頼りにして良かったなと思います。HPを見て社風に惹かれた、共感するものがあった人は是非一度会社に来て欲しい。
岡村:
キャリアプランが無いとか漠然と夢を叶えたいと思っている人も可能性があると思います。ベアーズで何か成し遂げられそうだと思う人は、まずは気軽に話を聞きに来て欲しいです。創業時の話もできるし、未来の話もしたいです。中途採用も新卒採用も一期一会だと思います。

――これからベアーズで一緒に働く方へのメッセージ

岡村和佐

岡村:
様々な人に可能性がある会社なので、まずはベアーズの門を叩いてみて欲しいです。
自分で何かを成し遂げたいという強い気持ちがあれば、ベアーズでいろんな夢をいろんなカタチで叶えられると思っています。
是非一度話を聞きに来てください。

中井武士

中井:
私はHPの「家事代行産業を日本に確立する」という社長メッセージを見て、直感で入社を決めましたが、直感を信じて本当に良かったと思っています。
なぜなら、自分がそのメッセージの実現に携わっていることを実感できる環境が社内にあるからです。
ベアーズの理念に共感する人、社風に惹かれる人は入社後に絶対に活躍する人材だと思います。
ベアーズのメッセージに感じるものがあればその気持ちをスルーしないでくださいね!

ページトップ