お風呂掃除で酸性・アルカリ性の両方ものを使うと石鹸カスが落とせます。

浴室の気になる石鹸カスですが、酸性とアルカリ性の洗剤を使用すると汚れが落ちやすくなるといわれています。石鹸カスはアルカリ性と酸性の両方の性質を持っているものがあり、それぞれを中和することで汚れが分解されるのです。

洗剤の他に、皮膚への刺激が比較弱いお酢やクエン酸、重曹などを使うのも効果的です。もちろん、肌に優しいというわけではありませんので、手袋は使用してくださいね。

石鹸カスは2種類に分けられることを知っておきましょう

石鹸カスは基本的にアルカリ性だといわれていますが、明確には2種類存在します。

金属石鹸

金属石鹸とは、水道水中に含まれているカルシウムやマグネシウムなどと石鹸が結合してできた石鹸カスです。この石鹸カスはアルカリ性の性質を持っています。一般的に多くの人がイメージする石鹸カスは、この「金属石鹸」です。お風呂場の床に白くて硬いものが付着しているのを見たことはありませんか? この白い塊が金属石鹸です。

金属石鹸は水に溶けないため、洗い流すだけでは落とすことができません。酸性の洗剤やお酢などを用いて落としましょう。

酸性石鹸

酸性石鹸とは、皮脂汚れと石鹸成分が結合してできた石鹸カスです。その名の通り酸性の性質を持っています。汚れに対して石鹸の量が足りなかった場合に、お風呂場に付着してしまう石鹸カスです。黒や灰色でベタベタしている汚れが「酸性石鹸」です。

アルカリ性の石鹸や洗剤を使ってよく泡立てて落とすか、重曹を使用して汚れを落とします。

石鹸カスは、酸とアルカリを中和することできれいに落ちます

石鹸カスには2種類あることをご紹介しました。石鹸カスをきれいに落とすには、それぞれを中和することが重要なポイントになります。

金属石鹸(アルカリ性)酸性洗剤やお酢・クエン酸を使用
酸性石鹸(酸性)アルカリ性洗剤や重曹を使用

上記の組み合わせをすることで、石鹸カスが中和され、水に溶ける物質へと変化します。汚れを撃退することが可能になるのです!

市販の洗剤は強力な洗浄力を持っている反面、界面活性剤などが含まれており、皮膚に付着した場合、肌荒れなどのトラブルの原因になることがあります。そのため、家庭でお風呂掃除を行う際には、市販の洗剤ではなく「クエン酸」や「お酢」、「重曹」が代用されることもあります。これらを使用する際も手袋などを使用し、極力肌に触れないようにするのが無難です。

特に、お酢には消臭や殺菌の効果も期待できるため、トイレと一体化しているユニットバスの掃除におすすめできます。

お風呂掃除の前に! お酢やクエン酸のスプレーを自作してみましょう

市販の洗剤を使用するのに抵抗があり、皮膚に刺激の少ないお酢やクエン酸を使用したいという方におすすめなのが、スプレーを自作することです。重曹は、粉のまま使用できるのですが、クエン酸やお酢はスプレーを作成しておいた方が使い勝手が良いのです。お酢で手を汚すこともなくなりますので、お風呂掃除の際にとても便利です。

お酢には独特なニオイがありますので、苦手な人はクエン酸をおすすめします。

簡単!自作スプレーの作り方

お酢またはクエン酸と水を1:1の割合で混ぜるだけ。これを、100円ショップで売られているようなスプレーボトルに入れるだけで自作スプレーの完成です。

石鹸カスをきれいに落とすお掃除方法とは

お風呂場の石鹸カスをきれいに落とすお掃除方法をご紹介します!

金属石鹸の落とし方

まず、金属石鹸に酸性洗剤やお酢・クエン酸をかけます。洗剤、粉末状のクエン酸を使用する場合は、水を含ませたスポンジでこすります。お酢や自作スプレーを使用する場合は、そのままスポンジでこすりましょう!

一度では落ちないような頑固な石鹸カスが付着している場合は、洗剤やお酢、クエン酸をかけて少し時間をおいてからこすると、さらに落としやすくなります。
その後、水で洗い流せば完了です。

スポンジは、研磨効果のあるメラミンスポンジを使用すると便利ですよ。

酸性石鹸の落とし方

酸性石鹸は、金属石鹸に比べると楽に落とすことが可能です。

アルカリ性洗剤または重曹を酸性石鹸にかけ、後は水を含ませたスポンジでこするだけでOK! その後水で洗い流せばお掃除完了となります。金属石鹸と同様、研磨効果のあるメラミンスポンジを使用するとさらに落としやすくなります。

お風呂掃除で石鹸カスを落とす際の注意事項4つ

1. お酢・重曹が大理石に触れないようにしよう

お酢は大理石に使用すると、表面の光沢を損失させてしまう恐れがあるため、使用を避けた方がよいです。また、重曹は大理石に使用すると傷つけてしまう恐れがあります。大理石が浴室の素材に含まれている場合は、触れないように掃除するか、お酢・重曹を用いることを避けましょう。

2. お酢をステンレスに使用する場合は、水できちんと流そう

ステンレス製のものにお酢を使用する場合は注意が必要です。万が一、ステンレスにお酢が残ったままになってしまうと、錆び付きの原因になる可能性があります。お掃除の後は、しっかりと水ですすいでください。

3. 重曹はアルミや銅製のものに使用しない

重曹は、アルミや銅を黒く変色させてしまいます。アルミや銅製のものには使用しないようにしましょう。

4. 洗剤を使用する場合、酸性とアルカリ性を絶対に混ぜない

酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤が混ざると、有毒ガスを発生させる恐れがあります。絶対に同時に使用することは避けてください。両方を掃除に使う場合は、洗剤をしっかりと洗い流し、換気した後に次の洗剤を使用しましょう。

市販の洗剤はもちろん、お酢やクエン酸を使用して掃除をするのは不安だという方は、クリーニングのプロに相談してみるのもおすすめです。

(まとめ)お風呂掃除で面倒な「石鹸カス」をきれいにする方法は?

  • お風呂掃除で酸性・アルカリ性のものを使うと石鹸カスがきれいに落ちます
  • 石鹸カスは、酸性とアルカリ性の性質を持つ2種類に分けられます
  • 石鹸カスを中和することが重要なポイントです
  • お酢やクエン酸でスプレーを自作してみましょう
  • 石鹸カスのお掃除方法をマスターしよう
  • 大理石やステンレス、アルミ、銅のものはお掃除の際に注意が必要です
  • 酸性とアルカリ性の洗剤は絶対に混ぜてはいけません

その他、大掃除関連記事は以下を参照ください。

大掃除に関する便利なアイテムや掃除のコツ