エアコンの冷房が活躍する時期が近づいてきました。ご自宅のエアコンはキレイですか?季節の変わり目の暑い日に、久しぶりに冷房を入れたら咳やくしゃみが止まらない、なんだか冷房の効きが悪い、なんて事態になる前にキレイにしておきましょう。エアコン掃除に最適と言える時期や頻度、方法についてお答えします。

エアコン掃除が必要な理由は?

掃除をしていないエアコンには、カビやホコリがびっしりと付着していると言われます。それが冷風とともに吹き出して室内を舞うのは想像すると恐ろしいですね。汚れのひどいエアコンは冷房効率が下がり、電気代も高くなります。エアコン寿命をも短くしてしまうホコリやカビの付着、放置しないようにしてください。
エアコンから吹き出るカビやホコリを日常的に吸うことで、健康を脅かす可能性があることも省エネのため、健康のため、エアコンは定期的に掃除をしてキレイな状態を保っておきたい電化製品ですね。

エアコン掃除の頻度はどれくらいがベスト?

エアコン内部がカビてしまうのは多くが冷房を使った時で、暖房の時はカビは発生しにくいそうです。ホコリは冷房でも暖房でも共通してたまるので、暖房の時期は掃除が必要ないというわけでなく、特に冷房時はエアコン掃除を欠かさずにしたいものです。

理想は週に1回、普段の家事に盛り込んで、日常的に掃除をすること。
しかし仕事や家事、子育てなどに忙しく、そうもいかないことがしばしばあるかと思います。

そんな時はまず第一歩として、スイッチ切る時はエアコン内部を乾燥させるように、送風に切り替えて20〜30分ほど動かすことを習慣にしてみましょう。
掃除の頻度はエアコンの使用頻度によっても変わります。リビング、ダイニングキッチン、寝室、子ども部屋、それぞれかなりの違いがあるでしょう。

定期的な掃除を日常の家事に組み込むことが難しければ、ニオイや見た目で掃除をする時期を把握してみましょう。こまめに内部を覗いてみたり、エアコン上部のホコリを気にしてみたりすることで、自分の生活スタイルや各部屋に合った掃除のタイミングがつかめるかもしれません。
エアコンからの冷風のニオイや体調の変化、エアコンの効きが弱まっていたら要注意。いますぐ掃除のタイミングと言えます。

エアコンの簡単掃除の方法

ご家庭で簡単にできるエアコン掃除は主に3つ。掃除の前には安全の為に、電源が切れているか確認し、コンセントを抜いてから行いましょう。

・エアコンの外側のホコリを乾いた雑巾で拭く
エアコンの外側は乾いた雑巾でこまめにホコリを拭き取り、落ちにくい汚れは中性洗剤を溶いた水で水拭きすると落としやすいです。拭きながらホコリを吸わないようにマスクは必須です。
エアコン上部は沢山のホコリがたまっている可能性が高いです。
外側だから内部には関係ないなんてことはありません。外側に付着するホコリもエアコンは吸い込んでしまうそうです。こまめな拭き取りで吸い込むホコリを減らすことにより、電化製品としての寿命も延びると言われています。

・フィルターの掃除
冷風の通り道、フィルターの取り外し方は機種やメーカーによって異なるため、取扱説明書をしっかり読んでから行ってください。時間が作れないようでしたら、外側から掃除機で吸うだけでも構いませんが、可能であれば水洗いをすると、更に汚れを落とすことができるでしょう。
フィルターの目詰まりを防ぐためにも掃除の方向には注意です。
掃除機でホコリを取り除く時は外側からがよいでしょう。水洗いをする時は、シャワーを内側から当て、ブラシを使い詰まったホコリを取り除きます。
洗った後はついついすぐにエアコンに戻したくなるかもしれませんが、必ず、しっかりと乾かしてからにしてください。湿ったままエアコンに戻してしまうと、新たなカビや生乾き臭の原因になりかねません。

・ルーバーというエアコンの吹き出し口を拭く
冷風の出口であるルーバーには、結露がたまりホコリやカビが付着しやすいため、歯ブラシのような小さなブラシを使って掃除をしてみてください。拭き取る時は、指に小さく切った雑巾を巻きつけると掃除がしやすくなります。
細かな部品でできている為、力を入れたり無理に開いたりして壊さないよう気をつけて掃除をしてくださいね。

以上3箇所の簡単掃除をした後も30分ほど送風運転をし、エアコン内部を乾燥させるようにしましょう。とにかく湿気を避け、カビの繁殖を抑えるようにする為には送風運転も重要と言えます。

手の届かないところまでキレイにするには?

ご家庭で簡単にできるエアコン掃除として上記の3つを挙げましたが、エアコン内部は専門の知識やアイテムが必要な部分と言われています。
そして、最もカビやホコリがたまりやすいのもエアコン内部なのだそうです。
では、掃除はどのようにしたらよいでしょうか?
エアコン内部は細かな分解をし、ファンや熱交換器など、素人には扱えないところの掃除も必要です。年に一度はプロのハウスクリーニングに依頼して、分解洗浄をしてもらってはいかがでしょうか?
カビやホコリを高圧洗浄機などの専門アイテムを駆使して、手の届きにくいところまでスッキリ落とすことができるのが、プロのクリーニングのすごいところと言えます。

自動洗浄機能付きエアコンでも内部のクリーニングまではできてはいないそうなので、プロに依頼することをオススメします。
クリーニングの後は冷房効率も上がり、電気代の節約にもつながると言われていますので省エネになりますね。

プロのエアコンクリーニングをお得に利用するには?

エアコンクリーニングのほとんどは早期割引のキャンペーンがあります。
本格的な暑さがやってきて、久々にエアコンをつけたら「なんだか臭い」「喉が痛い」「咳が出始めた・・・」となる前に申し込んでおくのがお得に利用するポイントです。
急に暑くなってから慌てないように、できるだけ早めに、事前に予定しておくことをオススメします。
繁忙期を避けた早めの時期であれば、料金がお得になるだけではなく、希望の日時で予約が取りやすいというメリットもあります。

まとめ:きれいな空気で家族の健康を維持するために

自分でできるこまめな掃除とプロのエアコンクリーニング、どちらもきれいなエアコン、そして空気、さらには家族の健康を維持するためになくてはならないものと言えますね。
自分でできる小さな積み重ねでエアコンの汚れをためないようにして、それでも手の回らない、自分では難しい内部のクリーニングはプロに依頼するように、使い分けが重要です。

その他エアコンクリーニング・専門清掃関連の参考ページ:
エアコンに潜むカビが病気の原因になる?汚れた内部の効果的な掃除方法は?
エアコンのカビ掃除・予防とは?【プロから学ぶ掃除方法】
どちらを選ぶ?自分でやる簡単エアコン掃除VS専門業者クリーニング
【秋掃除のススメ】暖房を使い始める前に、しっかりエアコン掃除をして快適な空調を