ニット・セーターの洗濯頻度は、一般的にどのくらいがよいとされているのでしょうか?「何回着たら洗いましょう」とは言い切れませんが、汚れがついてしまった時は当然早めに、また、ごわごわ感などの着心地で判断するのも一つの目安です。
ただし洗濯し過ぎると風合いが変わってしまうこともあるため、できるだけ回数は減らして大切にしたいですよね。そのために普段からできるちょっとしたケア、心がけを紹介します。

 

STEP1:脱いだ後は毛玉対策のブラッシング

ニット・セーターを着ているとどうしてもできてしまうのが毛玉です。着古しているようにも見えて、少し恥ずかしいですよね。そこで、脱いだ後は毛玉対策のケアをしてあげましょう。

毛玉対策の中でもシンプルで効果的とされるのがブラッシングです。
そもそも、ニット・セーターに毛玉ができてしまう原因は、ウールやアクリルなどのニット素材の性質にあります。着用している間に、繊維が摩擦を起こして絡まってしまうのです。
お出かけ前や、お出かけ後に、専用のブラシでブラッシングして繊維の絡みをほどいて毛玉ができにくくしてあげましょう。

続いて基本のブラッシング方法について紹介します。
専用ブラシにもいろいろありますが、馬毛や豚毛などの天然素材がきめ細かく繊維を傷めにくいのでおすすめです。化学繊維、合成繊維は静電気が起きやすい性質があります。
サイズは手に持ちやすいコンパクトタイプがよいでしょう。
また、植毛は目が粗いものではなく、ぎっしりと詰まったものを選ぶようにしてください。
詰まっている方がブラシも型崩れしにくく、長期間使えますよ。

ブラッシングする時は、ほこりを払うように、軽く繊維の表面を撫でます。力を入れると繊維を傷めるので「優しく」を心がけてくださいね。

STEP2:襟ぐり・アームホール部分は絞った布でたたき拭き

洗濯機で丸洗いする程ではない場合は、汗や皮脂が付きやすい部分をさっときれいにしておきましょう。
特に、顔や首が接する襟ぐりや、脇の部分であるアームホールは放っておくと黒ずんだり黄ばんだりしやすい場所です。これらの部分は「たたき拭き」をするのがおすすめです。
タオルを濡らした後、かたく絞ります。
そして、襟ぐりやアームホールなど気になる部分をトントンとたたくように拭きましょう。この時、こすらないように注意してください。
こすってしまうと汗などの汚れを広げてしまいますし、繊維が絡まって毛玉ができる原因にもなってしまいます。たたき拭きをした後は、水分を飛ばすことも大切です。

STEP3:ハンガー干しで湿気がとれたらしまってOK

着用時には、脇や背中部分などが汗で蒸れて水分がこもってしまうこともあります。
ニット・セーターに水分が残ったままですと、カビや雑菌が繁殖する原因にもつながります。
脱いだ後、必要に応じてSTEP1、STEP2を行ったら、しばらくはハンガーに掛けておきましょう。
使用するハンガーは、肩の部分が立体的になっているタイプがおすすめです。ニット類は繊維が柔らかいため型崩れしやすく、肩の部分が伸びてしまう可能性があります。
湿気が飛ぶまで数時間ハンガーに掛けた後は、たたんでクローゼットなどに収納してください。

ところで、お気に入りのニットを毎日のように連続して着てしまうことはありませんか?
実は、それこそがニット類を傷めてしまう元になりかねません。しっかり湿気を取るなど衣類を休ませる日を設けましょう。
同じニット・セーターを連続して着るのではなく、たとえば1日着用したら、最低でも1日以上、数日間あけてから着る方がニットの風合いが長持ちしますよ。

まとめ:お気に入りのニット・セーターは普段のケアで長持ち

ニット・セーターは日頃のお手入れとして、専用ブラシでの毛玉取り、たたき拭き、干して湿気を飛ばすなどをしてあげれば美しい状態が長持ちします。
ただ、家族の人数が多いと普段のお手入れとはいえちょっと面倒に感じる時もありますよね。
例えば月に2回程度でも、ニット・セーターのお手入れだけではなく、洗濯・洗濯干しなども一緒に、家事代行サービスなどに手伝ってもらえばぐっと楽になるでしょう。
ニット・セーターを1日着たら1日以上のお休み日を設けるように、ママ・主婦の方も、“家事休み”の日を設けてほっと一息入れてくださいね。