大人への第一歩ともいえる、成人式。楽しみである反面、どのような準備をすればいいのかちょっと戸惑っている方もいるのではないでしょうか。ここでは、成人式のお祝いの起源や、持っていくと便利なものなど、成人式に役立つ情報をまるっと紹介します。

成人式とは?その概要について解説

日本では昔から、子供が大人になったお祝いとして男子は「元服(げんぷく)」、女子は「裳着(もぎ)」という儀式を行ってきました。
そのため、成人式はこれらの儀式の現代版として認識されがちなのですが、実はその起源は、全く別のところにあるそうです。

成人式の起源は「青年祭」?

現在の成人式は、1946年に埼玉県で行われた「青年祭」を起源とする儀式です。
当時の日本は敗戦直後で国民が気を落としていたため、未来を担っていく若者が希望を持って生きていけるよう、励ますために「青年祭」が開催されたのです。

この青年祭は日本全国に少しずつ広まっていき、初めて開催された年からわずか2年後には祝日法が公布・施行され、「成人の日」が設けられました。
「成人の日」が設けられた趣旨は、子供が大人になったということを自覚するとともに、自ら生き抜いていこうとする青年を励まし祝う、というところにあると言われています。
それまでは1月15日が成人の日とされていましたが、2000年以降は1月の第二月曜日になりました。

成人式当日の流れ

成人式当日の流れですが、地域によって多少の違いはあるものの、概ね以下のように進んでいきます。

[1]受付で案内ハガキを提示し、記念品などを受け取る
[2]開会
[3]市長や市議会長による挨拶
[4]来賓の紹介
[5]成人式の誓いの言葉
[6]記念撮影

自治体によっては、有名人によるパフォーマンスを見られることもあります。また成人式の後は、そのまま二次会、三次会に行く人も多いようです。

成人式に持っていくと便利なもの

一生に一度しかない成人式は、出席する人すべてが「初めて」の参加となります。そのため当日になって慌てないよう、何を持っていけばいいのか予め確認しておきましょう。

成人式の案内ハガキ

成人式の出席者には、事前に案内ハガキが送付されます。
これは当日、受付で提示する必要がありますので、必ず持参しましょう。

現金

交通費や二次会・三次会の費用など、成人式ではお金が必要になることがあります。たくさん持っていく必要はありませんが、ある程度の現金は用意しておきましょう。
ちなみに和装の場合、基本的には「裸銭」といって財布などを使わずそのまま懐にしのばせておくのがマナーですが、小さめの財布をバッグに入れておいても問題ありません。

ハンカチ・ティッシュ

これらのアイテムは、手をふいたりちょっとしたメイク直しをしたりする際に重宝します。また、二次会・三次会に着物のままで参加する場合は、ハンカチをナプキン代わりに使って着物の汚れを防ぐことができます。

スマートフォン

友人と連絡を取り合ったり、写真撮影をしたりするなど、現代の成人式においてスマートフォンは必須アイテムと言えるでしょう。
ただし式典中は使用を控えるなど、マナーを守ることを忘れてはいけません。

意外と簡単にできる?「和髪」

美容室でセットしてもらうもの、というイメージがある「和髪」ですが、実はセルフでも意外と簡単につくることができます。

・編み込みとくるりんぱでつくるアップスタイル
まとめ髪 簡単ヘアアレンジ ポニーテールに編み込みとクルリンパで可愛いヘアスタイル – YouTube

・おしゃれシニヨン
ヘアスタイリスト木村一平が教える簡単!シニヨンまとめヘアアレンジ- YouTube

まとめ

お子さまが大人への第一歩を踏み出す儀式である、成人式。事前準備に追われて大変なことも多いかと思いますが、そういった場合は家事代行サービスを上手く活用しましょう。