春は花粉が飛び始めてツラくなる人が増える時期です。さまざまな対策を早めにとる人は多いと思いますが、毎日の食事で手軽に取り入れられる食べ物にも気をつかってみませんか?行事ごとや外出の予定など、忙しくなる季節でもあるので、少しでも快適に過ごせるように対策してみましょう。

基本は和食で野菜中心の生活を

花粉症の対策として食事に注意するならば、まずは全体的な食事の傾向を変えてみるのも良さそうです。花粉症に良いと言われている食事の基本は、和食。野菜や魚を中心としたメニューの多い和食は、古くから日本人に愛されてきた食事で、海外でもヘルシーメニューとして注目となっています。

特に根菜を中心に

野菜を積極的に取り入れることはもちろん、ダイコンやニンジンなど、根菜類を多めに食べると良いようです。

食生活では、肉を少なくして、魚を食べること、野菜は根菜類を多く摂るようにしましょう
出典 : 「カルピス」由来健康情報室

花粉対策に良いとされるウワサの食材

花粉症対策は、今やインターネット上や本、テレビなど、さまざまなメディアでも取り上げられ、日本中の関心を集めています。毎年、花粉症のシーズンが来るたびに、花粉とともに色々なウワサも飛び交うため、どの情報を選んでよいか迷う人も多いでしょう。

花粉症に良いと言われる注目の食材を、栄養素やメカニズムとともに整理して、分かりやすく紹介します。

ヨーグルト・乳製品

ヨーグルトや乳製品は、花粉症の季節になると注目を集めています。花粉症に良いといわれる根拠となっているのは、乳酸菌が持っている免疫システムの過剰反応を抑える働きのようです。免疫の過剰反応を抑えることで、花粉を異物と認識して排除する花粉症の症状をやわらげてくれるとか。

花粉症は、この免疫システムの過剰反応です。花粉は体に害がないにもかかわらず、これを異物と認識して体内で「IgE抗体」が作られ、排除しようとしてさまざまな症状を出します。この過剰反応を抑えるカギを握るのが、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌なのです
出典 : 「乳酸菌が花粉症に効く」か?|PRESIDENT Online

また、花粉などのアレルゲンが侵入するのを防ぐ効果が期待できるとも言われています。

腸内に乳酸菌などの善玉菌が多くなると、腸内免疫の働きで花粉だけでなくダニなどのアレルゲンの体内への取り込みがブロックされる可能性が高くなるのです
出典 : 「乳酸菌が花粉症に効く」か?|PRESIDENT Online

りんご

身近な食品で花粉症予防ができれば、手軽で続けやすそうです。りんごはスーパーなどでも簡単に手に入り、大人から子供まで好まれている果物であり、花粉症予防にも良いといわれています。りんごが良いといわれる根拠は、水溶性食物繊維ペクチンです。

【参考】花粉症に効く食べ物はどのような食品か?|川村耳鼻咽喉科クリニック公式ブログ 耳寄り通信

れんこん

れんこんはポリフェノールやフラボノイド、食物繊維などが豊富であり、医学の分野でも注目されている食材です。そんなれんこんがアレルギーに良いのではないかと研究をしている医師もいます。

「レンコン抽出物」がⅠ型アレルギーの方(花粉の時期にお悩みの方)やお通じでお悩みの方の体質改善に役立つことを明らかにし、研究成果を学会等で発表してきました
出典 : 乳酸菌レンコンとは|日本アレルギー応用研究所

食べ物だけでなく食事習慣もチェックを

花粉症の予防には、食べ物選びだけでなく、食事のとり方やタイミングなどの習慣で行っていることも大切です。規則正しい生活を送り、その中で毎日正しいリズムで3食きちんと取りましょう。規則正しく朝食を取ることは、腸を刺激して朝の便通をスムーズにするにも良さそうです。腸内環境も花粉症に関係があると言われています。

また、良いといわれる食べ物も食事の方法も、即効性は期待できません。毎日少しずつ取り入れて、長い目で見て続けましょう。大人の場合には、アルコールの呑みすぎなども控えた方が良さそうです。

まとめ:花粉対策にもなる食べ物で健康的な生活を

花粉の季節を意識して食べ物を選ぶなら、花粉が舞い始める前のタイミングが効果的。ここで紹介した食べ物や食生活は健康面でも良いので、花粉に悩む人もそうではない人も、家族全員で取り入れて良さそうです。気軽に利用できる食べ物で、手軽なところから対策を始めてみてください。