新天地に移る「引っ越し」は、新しい場所での生活に期待すると同時に、物の移動やさまざまな手続きが必要で大変なもの。特に慣れていない人ならばなおさらですよね。そこでここでは、引っ越しに向けてやっておくべき準備や手続きに必要な事柄をリストアップして紹介します。

書類関係について~賃貸解約から各種届出まで~

「引っ越しをするときに何をすべきか」ということは、「書類関係」と「引っ越しのための荷造り」に分けて考えるべきです。

●現在住んでいる家の解約

書類関係でまず重要なのは、「現在住んでいる家の解約」です。特に賃貸住宅の場合はこれが重要です。どのタイミングで引き渡すのか、家賃はどうなっているのかを確認しましょう。

●転校届や転出届

また、あわせて、転校届や転出届の準備をします。転出届を出す際には、各種年金などの手続きも一緒にやっておきます。住民票の移動もお忘れなく。身分証明書や印鑑、その他各種の手帳は一緒に持ち歩くとよいでしょう。

郵便局に「転居届(転送サービス)」も出しておきましょう。ちなみに現在はインターネットでも手続きができるようになっています。今住んでいる住所に郵便物が届いても、1年間は新しい住居に転送をしてくれるというサービス。現在は、ヤマト運輸などの宅配便もこのサービスを展開しています。

インターネットや電気、ガス、水道などの手続きもやっておきます。また、NHKや金融機関の手続きも一緒にやってしまうとよいでしょう。ペット、特に犬がいる場合は、保健所へ届け出る必要もあります。

これらは「引っ越し前」に行うものです。
ただ、引っ越した後も引っ越し先で同様の手続きが必要になります。
ガスや水道、電気は、入る少し前に開通させておいた方がよいでしょう。

●「免許証の書き換え」

また、早めに手配してほしいのが「免許証の書き換え」です。免許証はもっとも簡単で手軽な身分証明書のうちの一つです。しかしこれの住所が書き換えられていないと、身分証明書として使うのが難しくなります。意外と見落としがちな盲点ですが、早めに手配するとよいでしょう。

引っ越しの荷造りのために~見積ポイントから荷造り準備まで~

「個人で引っ越すのか、それとも業者に頼るのか」というのは永遠の課題ですね。
ただ、慣れた人、もしくは「今の実家を残したまま1人だけが独立する」というようなケースでなければ、引っ越し業者に依頼した方がよいでしょう。

●引っ越し業者へ相見積もりをとる

引っ越し業者に見積もりを依頼するときは、必ず相見積もりをとりましょう。これによって値段が大きく変わることもあります。ただ、「料金が高い業者と安い業者ではサービス内容などが違う」ということもあります。何がオプションで、何が料金に含まれているのかをしっかり確認してください。

●引っ越しプラン選び

またこの段階で、「プラン選び」をしておきましょう。現在はプランもさまざまです。なかには、荷造りもすべて業者でやってくれるところもあります。女性の一人暮らしの場合は、レディースプランなどを使うとよいでしょう。

●荷造りアイテムの用意と衣類の断捨離

荷造りを自分でする場合は、まずは大量のゴミ袋とダンボール、ガムテープを確保します。ダンボールは業者が用意してくれることもあります。
「いるものだけを残す」という考え方で、どんどんゴミに捨てていきましょう。また、一つの部屋を「荷物部屋」にして、荷造りしたダンボールをどんどん詰め込んでいくと便利です。真っ先に荷造りするべきは、「季節外れの洋服」に代表されるような、「今は使わないもの」です。

●冷蔵庫の中の整理

また、冷蔵庫の中身も徐々に減らしていきましょう。
荷造りを終わらせておかないと、当日の運搬を断られる可能性もありますので、最後の1~2日は「料理をせずに、買ってきたもので過ごす」というくらいの気持ちでいることをおすすめします。

最後に

引っ越しにかかる手間と時間はかなり大きいものです。
少しでも作業をラクにするために、スポットで、家事代行サービスなどを利用するのも一つの手です。家事だけでなく、荷造りを手伝ってもらうとずいぶん楽になるでしょう。