オレンジに含まれている「リモネン」には油汚れを浮かせて落とす効果があり、換気扇掃除に良いとされています


油汚れを落とすのにオレンジオイルが使われている理由は、オレンジに含まれている「リモネン」という成分にあります。

リモネンには油脂との親和性が高い性質があり、換気扇の油汚れを浮かせて落とす効果が期待できます。

市販されている洗剤を使う以外にも、オレンジの皮からオレンジオイルを抽出して使うという方法もあります。

オレンジオイルに含まれるリモネンが油汚れやニオイをスッキリさせてくれます

オレンジオイルが含まれた洗剤を使うと、こびりついていた油汚れが途端に綺麗になります。

そのため、油汚れ用の洗剤にはオレンジオイルが配合されているものが多いです。

オレンジオイルは、台所用食器洗剤にも使用されています。

オレンジオイルは溶剤抽出法や水蒸気蒸留法などの方法でオレンジの皮から抽出されたものです。

オレンジオイルの中には、リモネンという成分が含まれています。

リモネンは主に柑橘系果物の皮に含まれており、その独特な香りを生み出している要素だといわれています。

オレンジを含め柑橘類の香りが苦手という人は少ないはずです。

油汚れを落とす効果だけでなく、油の気になるニオイをスッキリさせる効果が期待できます。

そして、油脂との高い親和性を持っており、油汚れが吸着するため、換気扇の油汚れを落とすのに効果があるといわれています。

同様の効果を持つ界面活性剤やアルカリ剤なども含有されている商品を多く見かけます。

相乗効果により、より強力に油汚れを落とすことが可能となります。

リモネンにはプラスチックを溶かす性質があるといわれています


リモネンには発泡スチロールを溶かす性質や油性マジックペンの文字を消す性質、ゴムを溶かす性質などがあります。

その内の一つに、プラスチックを溶かす性質があるといわれています。

皆さんは、換気扇が何でできているかご存知でしょうか?
金属製のものもありますが、プラスチックでできている換気扇も存在します。

プラスチック製の換気扇の場合、リモネンが含まれているオレンジオイルを使うと、換気扇の塗装がはげてしまうリスクがあるのです。

とはいうものの、市販されている洗剤はオレンジオイルの原液でできているわけではありませんから、使っただけで換気扇が剥げるということは考えにくいです。

が、長年放置された油汚れを落とす場合、油汚れとともに塗装が剥げる可能性は高いといえます。

心配な方は、直接スプレーするのではなく、雑巾などに吹きかけてから拭くとよいでしょう。

また、軽い汚れであれば薄めて使用することをおすすめします。

その方が何度も使えるので経済的ともいえます。

ミカンの皮を使って、オレンジスプレーを自作してみましょう

数ある柑橘類の中でリモネンが多く含まれているといわれているのは、やはりオレンジなんです。

なんでも、レモンの約60倍だといわれているそうです。

オレンジの皮をそのまま擦りつけて使うという方法もありますが、水分がないのでおすすめできません。

そこで、オレンジスプレーの作り方をご紹介します。

  1. オレンジの皮だけを用意します。3~4個分あれば十分です。
  2. そのまま、またはお茶パックなどに入れ、水300ml~400mlとともに鍋に入れます。
  3. 沸騰するまで煮て、その後弱火で15分~20分程度待ちます。
  4. 水分が減り、黄色くなったらOKです。オレンジの皮を取り除きます。
  5. 黄色の液体をスプレーボトルに移したら完成です。

油汚れがしつこい場合は、洗剤や自作オレンジスプレーなどを拭きつけた後、ラップを貼り付けておくとよいです。

10分程度放置しておき、その後水で絞った雑巾で拭くと綺麗になります。

(まとめ)換気扇の掃除でオレンジオイルを使うのはなぜ?

1.オレンジに含まれている「リモネン」には油汚れを浮かせて落とす効果があり、換気扇掃除に良いとされています

オレンジに含まれている「リモネン」は油を分解する性質を持っているため、換気扇の油汚れをスッキリ落とすことが可能です。

洗剤を使わなくても、オレンジの皮を応用して掃除に使うこともできます。

2.オレンジオイルに含まれるリモネンが油汚れやニオイをスッキリさせてくれます

洗剤に配合されているオレンジオイルには、リモネンという成分が含まれています。

リモネンは油脂を吸着させる働きがあるため、換気扇の油汚れを落とすのに効果的です。

3.リモネンにはプラスチックを溶かす性質があるといわれています

リモネンにはプラスチックを溶かす性質があるので、プラスチック製の換気扇の塗装が剥げてしまうのを避けるため、オレンジオイル配合の洗剤を使用する時は雑巾を使うか、薄めて使用するとよいです。

4.ミカンの皮を使って、オレンジスプレーを自作してみましょう

柑橘類の中でもリモネンを多く含むといわれるオレンジを使って、スプレーを作ってみましょう。

しつこい油汚れにはスプレーをした後ラップでパックをすると落としやすくなります。