家族の協力で食器洗いストレスを軽減できます


落ちにくい汚れを拭く、食べた食器を流しでつけ置きなど家族の協力体制があると、食器洗いのストレスを軽減できます。

食べ終わった後のルールを家族全員に共有して、協力をあおぎましょう。

ソースや油がびっしりついた状態で重ねてしまうと下の食器が汚れるなど、ちょっとした気付きもその都度家族に伝えることで、嫌な想いを繰り返しません。

お弁当を食べ終わったら汚れを落とした状態で持ち帰ってもらう工夫のように、自分のことは自分で行う習慣作りも役立ちます。

ひどい汚れはこびりつく前に洗います

時間がたった油汚れは食器にこびりついてしまう性質があります。

こびりつき汚れをゴシゴシ力を入れて洗うと傷の原因にもなりやすく、なるべく早めの掃除がおすすめです。

油汚れがついた食器、それ以外の食器が混じってしまうと、他の食器に汚れうつりが目立ちます。

こうなると負担が倍増してしまうので、シンク内の置き場所を分けるなどの配慮をしましょう。

汚れが少ないほど食器洗いを時短できるはずなので、カレーやグラタンなど落としにくい類いの食器は、食べ終わった人から拭き取ってもらう工夫が重要です。

調理器具が冷える前に洗うと汚れがすっと落ちるため、調理に使ったフライパン・グリルなど食事の前に洗えるものは、先に終わらせておくとスムーズでしょう。

煮物を煮込んでいる間にフライパンを洗うなど、料理の手順と合わせて工夫しましょう。

おもち、米粒のように冷えると固まって容器にこびりついてしまうものは、水につけて放置します。

洗うまでにどうしても時間がかかる場合には、洗剤をいれた食器洗い用ボウルに入れておくと、汚れがふやけて洗いやすく感じるでしょう。

食器洗いの順番・洗剤の選び方も重要です


汚れがスポンジ経由で他の食器にうつってしまうと洗ううえでの効率性が下がるため、順番は重要です。

スポンジにつきにくい汚れから洗い始めて、油ものを後のほうに持っていきます。

水だけで落ちる汚れもありますので、洗剤を使いすぎないこともポイントでしょう。

食器の形や大きさをそろえて似た形状のものから先に洗っていくと、汚れを落とした食器を並べやすくて効率的です。

平皿をまず洗って次が茶碗、など自分なりの作業しやすい順番を決めておくと、食器洗いのストレスを軽減できます。

排水で他の食器が汚れることがないように、食器洗い用ボウルの置き場所も工夫しましょう。

シンクを広く使えるように、余分なものを置かないレイアウトを考えてみます。

洗った食器を蛇口の下に積み重ねて一気にすすいでいけば、食器洗い時間を短縮できて、すすぎのストレスがかかりません。

すすぎに時間がかかっているようなら、洗剤を切り替えてみましょう。

泡切れがいい洗剤を使えば水道代節約に貢献して、家計にも地球環境にもやさしい工夫と言えます。

根本的な時短として食器洗い器も役立ちます

どうしても手洗いが面倒に感じるようなら、食器洗い器の導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

一般的なご家庭の主婦が食器洗いに費やす時間は1日あたり20分くらいとも言われていて、毎日の負担を軽減できます。

食器洗い器を使えば洗いかごを置くスペースがいらないため、シンクの周りがすっきり片付くことも魅力でしょう。

食事の後のお掃除もしやすくなって、一連のストレスを軽減できます。

高温で乾燥させる仕組みですので除菌機能も兼ねてくれて、衛生的に維持したい食器類にはぴったりです。

まな板、箸など雑菌がつきやすいものをいつでもきれいな状態にしておくと、料理に際しての不安も解消できます。

食器洗い器の種類によっては使える皿や容器の材質や種類が決まっていることもありますので、導入コストがかさむところはネックです。

期待される効果と導入費用を考慮して、家計とも相談しながら選びましょう。

器械を導入したとしても落ちにくい汚れをあらかじめ落としておく工夫は役立つため、家族の協力体制が重要であることは変わりません。

あくまで、洗い時間やすすぎ時間、乾燥時間を短縮するための道具として考えましょう。

(まとめ)食器洗いストレスを軽減する時短術とは?

1.家族の協力で食器洗いストレスを軽減できます

食器洗いでストレスになりやすい問題を洗い出して、家族の協力をあおぎます。

洗う前の事前準備を各自で分担することにより、食器洗いの手間を軽減していくための工夫です。

2.ひどい汚れはこびりつく前に洗います

食器に汚れがこびりつくと洗うのに時間がかかってしまって、なかなか落ちずにイライラします。

油を使った料理に活用した調理器具を食事の前に洗っておく、あらかじめ洗剤を混ぜた水につけるなどの工夫で時短しましょう。

3.食器洗いの順番・洗剤の選び方も重要です

汚れが落ちやすいもの、形状が似た食器を先に洗って、効率的に作業できるように工夫します。

似た形のお皿を大きさ順に食器洗い用ボウルに入れて、スムーズに洗えるように準備する配慮も役立つでしょう。

4.根本的な時短として食器洗い器も役立ちます

根本的な時短テクニックとして、食器洗い器を活用する方法も検討できます。

一定の導入費用がかかるところはネックですが、衛生管理や作業時間短縮などいろいろなメリットも考えられるアイディアでしょう。