「細かい部分までしっかり掃除をしたいのに、なかなかできない!」という悩みは多くの人が抱えているもの。特に「トイレ」は入り組んでいますから大変。そこで役立つのが「軍手ぞうきん」です。これがあれば手指を使って、フタと便座のすき間など細かな場所も掃除できます。簡単に作れて、あらゆる掃除で使えるので要チェック。

トイレの掃除が難しいその理由は?

「トイレの掃除はなかなか難しい」と言われることがあります。

トイレは非常に使用頻度が高い場所です。また、「排泄」を行う場所であるため、当然汚れや臭いもつきやすいというデメリットがあります。また、男性と暮らしていて、その人が立って排泄をする場合、「尿飛び」もよくおきます。この「尿飛び」は、便器だけでなく、便器の下や壁までをも汚してしまいます。

さらに、トイレの床も汚れやすい場所です。尿が飛ぶこともありますし、手を洗った後の水しぶきが飛ぶこともあります。盲点になりがちですが、「髪の毛」もよく落ちる場所であるため、とても汚れやすいのです。

さらに問題となるのが、「便器」です。
普段はあまり意識することはありませんが、便器の形状というのはなかなか複雑なものです。
特に便座の下側は意外と汚れやすいもの。しかも細かい部分も多く、ブラシなどでは十分に掃除をすることが難しいこともあります。

このように、「トイレの掃除」というのはなかなか大変なのです。

複雑なかたちの場所も軍手ぞうきんがあれば大丈夫

特に掃除が難しい「便器」ですが、これを掃除するために大いに役立つのが「軍手ぞうきん」と呼ばれるものです。

これの作り方、やり方は、実に簡単です。

まず、手にゴム手袋をはめます。ゴム手袋を折り返して、汚れや水が中に入ってこないようにします。
この上から、さらに、軍手をはめます。少し軍手部分が緩いのであれば、輪ゴムなどで留めましょう。
こうすれば、「軍手ぞうきん」が出来上がります。この軍手ぞうきんに洗剤液をつけて、便器の淵をなぞっていきましょう。また、「手」を使って掃除をしていくので、小回りもききます。それ以外の部分も、この軍手ぞうきんでなぞると非常にきれいになります。汚れが激しいところは、軍手ぞうきんでこするようにしましょう。

軍手ぞうきんの場合、内側にゴム手袋をつけていますから、洗剤液で手が荒れることもありません。また、「素手に軍手ぞうきんをつけて掃除をする」というわけではありませんから、心理的な抵抗感も少ないと思われます。

「手」は、もっとも小回りがきく、もっとも細かい作業ができるスグレモノの道具といえます。使いこなしていきましょう。

それ以外のトイレ箇所の掃除について

便器内でも特に汚れがひどいところは、トイレットペーパーを該当部位に張り付けて、その上から洗剤を撒きます。15分~20分ほどおいてからこすれば、しっかりとキレイになります。

また、トイレの床は、エタノールなどで拭き上げましょう。アロマオイルが配合されたものを選べば、トイレの問題点である「臭い」を解消するためにも役立ちます。壁もしっかりと拭き上げましょう。

壁は、薄めた中性洗剤をしみこませた雑巾で掃除していくことをおすすめします。
ただ、壁紙はそれ以外の箇所とは異なり、「摩擦」に弱いもの。こすりあげるといたんでしまいますから汚れを出すように、ぽんぽんと叩いて掃除をしていくことが重要です。

最後に

トイレはニオイや汚れが溜まりやすいところです。そのため、しっかりと掃除をしていかなければなりません。
日々のお手入れがどうしても大変に思える、ということであれば、家事代行サービスなどを利用するのもおすすめです。