エタノールには、洗浄殺菌作用などがあるためトイレ掃除に役立ちます。エタノールは、雑菌を除去する殺菌消毒作用が高い薬品として知られており、皮脂などの油脂汚れ落としにも効果的だとされています。雑菌や皮脂などの汚れが多いトイレ掃除に適していて、かつ簡単に手に入るおすすめのアイテムです。

エタノールってどんなもの?

トイレ掃除にも効果を発揮するエタノールとは、エチルアルコールや酒精とも呼ばれるアルコールの一種です。デンプンを発酵させたり、エチレンという物質を化学合成したりすることで生成できます。

消毒に用いられることが多く、一度は名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。実はエタノールもいくつかの種類があります。

エタノールの種類

市販されているエタノールには2種類あります。同じエタノールでも異なる特徴を持っています。

・無水エタノール
無水エタノールは、名前の通り水をほとんど含まない純度が高いエタノールのことです。洗浄力が高く、肌に対して刺激が強い液体です。

とても蒸発しやすく、家庭のお掃除にはあまり適していません。水分に触れてはいけないよう電気製品などに使用されることがほとんどです。

・消毒用エタノール
消毒用エタノールは、水分を含んだエタノールです。無水エタノールに比べ濃度が低いため、肌など体の消毒に多く用いられます。

家庭のお掃除で使用するのは、この消毒用エタノールです。トイレ掃除の際もこちらのエタノールを使います。

エタノールがトイレ掃除に有効な理由3つ

エタノールは、トイレ掃除の際に役立つ様々な効果を持っています。

1. 殺菌、消毒作用

消毒用に使われることで知られている通り、エタノールには殺菌・消毒作用があります。トイレを清潔に保てるだけでなく、菌の繁殖は汚れの原因であるため、汚れが付着することを防ぐこともできます。

2. 皮脂汚れを落とす

エタノールは、油を溶かす性質を持っています。便座や水洗のレバー、温水便座のスイッチ、ドアノブ、トイレットペーパーホルダーなど、人の手が触れる部分には、手垢や汗による皮脂汚れなどが付着しています。場合によっては黒ずんでしまうことも。

こういった皮脂汚れを除去することが可能です。

3. 消臭効果

エタノールには消臭効果も期待できます。トイレの床や壁に、便座、便器には尿が飛び散ってしまいます。それらが原因でトイレが臭ってしまうことが多いですが、エタノールでお掃除することで臭いを撃退できます。

エタノールを使った効果的なトイレ掃除方法とは

エタノールを使ったトイレ掃除

使用するもの
・消毒用エタノール
・スプレーボトル
・雑巾
・使い終わった歯ブラシまたは割りばしと布

【事前準備】
トイレ掃除にエタノールを使う際は、購入時に入っていた大きめのボトルから、100均などで販売されているスプレーボトルに移し替えると使いやすいのでおすすめです。

手順1. 便座と便器を拭く

掃除の順序としては、初めに便座や便器から始めてトイレの全体的な汚れを把握し、壁や床、ドアノブの順に行うと効率的です。

まず、蓋や便座の表面、裏側などにエタノールを吹きかけて、乾いた雑巾でしっかり拭いていきます。

手順2. 便座と便器の細かな場所を磨く

溝など雑巾が届きにくい場所は、古い歯ブラシや古布を巻き付けた割りばしの先にエタノールを付けて磨きます。便器の側面など汚れが蓄積しやすい箇所は入念に磨きましょう。

手順3. 壁を拭き上げる

次に、エタノールを大体便器の高さ位までの壁や床に拭きかけて、同じように雑巾で拭いていきます。特に男性がいる家庭では立ったままで用をたすケースが多いので、便器付近の壁や床に尿が飛び散りがちです。

放置すると黄ばみの原因にもなるため、しっかり拭いておきましょう。

手順4. ドアノブや水洗レバーを拭く

最後に、トイレの温水便座のスイッチやとドアノブ、水洗レバーなどにエタノールを吹きかけて乾く前に雑巾で拭いていきます。手が触れるこれらの場所には、手垢が付着しやすいため、忘れずに吹きましょう。

手順5. ドアや窓を開け、換気する

一度拭いたら乾拭きの必要はないので、ドアや窓を開け換気しましょう。換気することで、しっかり乾かすことができます。

トイレ掃除でエタノールを用いる際の注意点

エタノールは、トイレ掃除にとても役立ちますが、取り扱いには注意が必要です。

火気厳禁

エタノールには引火性があり、火の気があると発火してやけどしたり、火事になったりする可能性があります。トイレ掃除中も、そして掃除後も窓を開けたり、換気扇を回したりして換気し、完全に揮発させて下さい。保管する際は、しっかりと蓋を閉め火気のない場所に置いておくようにしましょう。

エタノールに触れる時間は短くしよう

体への害はほぼありませんが、肌が弱い人が長時間触れると肌荒れを招く場合があります。エタノールを使用してお掃除をする時はゴム手袋などを着用すると良いでしょう。

また、多くのエタノールを吸い込むと、気持ちが悪くなったり呼吸が苦しくなったりすることがあります。少量ずつ吹きかけるようにしましょう。

ワックス剤が塗ってある場所、革、スチロールには使わないようにしよう

エタノールはニスやワックスなどを溶かしてしまう性質があります。たとえば、トイレの床がフローリングでワックスかけしてある場合などは、剥げる可能性があるので使用は控えたほうがよいでしょう。

また、革製品にエタノールが触れると光沢を失ってしまうことがあります。スチロール製品の場合は、白く濁ってしまう可能性があります。革・スチロール製品にエタノールを触れさせないようにしましょう。

(まとめ)トイレ掃除にエタノールが役立つ理由とは?

  • エタノールには、洗浄殺菌作用などがあるため、トイレ掃除にも役立ちます
  • トイレ掃除には消毒用エタノールを用います
  • エタノールには、トイレ掃除に役立つ様々な効果があります
  • エタノールの効果的なお掃除方法の手順を覚えましょう
  • トイレ掃除でエタノールを用いる時は換気するなど注意点があります