トイレ掃除では便器のふちも忘れずに汚れを取り除きましょう


トイレ掃除は便器のふちにも汚れがこびりついていますので、忘れずに掃除をしましょう。

トイレ掃除をさぼっているとすぐに汚れがこびりついてしまいます。

特に便器のふちには尿石が付きやすいので、汚れに適した洗剤を使うことが大切です。

トイレ掃除は便器のふちまで忘れずに掃除をします

トイレ掃除をさぼっているとすぐに黒ずみや黄ばみなどが出てしまいます。

来客があるときには、トイレを貸してほしいと言われることがあります。

トイレ掃除を頻繁にしているといつもきれいな状態で使うことが出来ますし、来訪者にトイレを貸すことも躊躇することがありません。

他所のお宅にお邪魔しトイレを借りたときにきれいにしていると大変気持ちが良いものです。

トイレを掃除するときには隅々まできれいにすることで汚れをつきにくくすることもできるのです。

特に忘れずに掃除をしておきたい場所が便器のふち裏です。

便器のふち裏には、水が流れにくいので尿石汚れが付きやすくなってしまいます。

尿石汚れとは尿が飛び散った際にタンパク質となり、その汚れが石のようになってしまっているので、なかなか落とすことが出来ません。

尿石汚れをそのままにしていると汚れが増殖するだけではなく、ニオイの原因となってしまいます。

いやなニオイをさせたくないのであれば、便器のふち裏も忘れずにきれいに掃除をするように心がけましょう。

尿石汚れの落とし方にはコツがあります


尿石の汚れは便器につく尿の汚れとはまた違いますから、同じ洗剤で落とそうとしてもなかなか困難を極めるでしょう。

尿の汚れがあるときには中性洗剤を使ってブラシでこすればきれいに汚れを落とせます。

しかし尿石は中性洗剤では落とすことが出来ません。

落としにくいからと言って放置しているとさらに尿石の汚れがこびりついて落としにくくなるので、早めに掃除をすることがコツと言えます。

尿石の汚れに適している洗剤は酸性の洗剤となります。

酸性の洗剤を便器のふちに塗布してブラシでこすれば尿石汚れを落とすことが出来るでしょう。

酸性の洗剤でも落としにくい時にはティッシュなどを使って汚れの上に直接湿布のように貼り付けます。

その上から酸性の洗剤を振りかけてしばらく時間を置きます。

30分から1時間程度はそのまま置いておけば汚れが浮き上がるのでブラシでこすればきれいに落とすことが出来るでしょう。

ただしあまりこすりすぎると薬剤が飛び散り、手についたり目に入ったりすることがあり、ダメージを受けることもありますから注意しましょう。

便器のふち裏掃除の方法を覚えましょう

便器のふち裏を掃除するコツを紹介します。

酸性洗剤を使う方法

便器のふち裏には尿石汚れが溜まっているので、酸性洗剤を使って汚れを落としましょう。

ところどころ洗剤をかけるのではなく、便器のふち裏にぐるっと洗剤をかけていきます。

洗剤をかけてもすぐにブラシでこすってはいけません。

洗剤が汚れについてなじむまで2~3分は待ちます。

2~3分して汚れが洗剤がなじんだらブラシでこすっていきましょう。

便器のふち裏についた尿石汚れは少しくらいの力では落とすことは出来ませんから、しっかりとブラシでこすり落としましょう。

こすり取る方法

酸性の洗剤でこすり取る方法ではなく直接尿石を落とす方法もあります。

サンドペーパーを準備しておいて直接サンドペーパーで尿石をこすり落とします。

直接尿石の汚れが手につかないように手袋をはめてから行いましょう。

あまりこすりすぎると、便器を傷つける可能性もあるので気を付けなければなりません。

特にコーティングを施してある便器はダメージを受けやすいのでサンドペーパーを使う際には注意しましょう。

(まとめ)トイレ掃除で便器のふちはどうすればいい?

1.トイレ掃除では便器のふちも忘れずに汚れを取り除きましょう

トイレ掃除をするときには便器のふち汚れも忘れずに掃除をしましょう。

トイレ掃除をさぼっていると便器のふちに尿石がつきやすいので、尿石を落とすのに適した洗剤を使いましょう。

2.トイレ掃除は便器のふちまで忘れずに掃除をします

トイレ掃除をさぼっていると黄ばみや黒ずみができやすくなりますが、便器のふちうらには尿石汚れが付きやすくなります。

汚れが増殖するほか、においの発生の原因にもなりますので忘れずに掃除をしましょう。

3.尿石汚れの落とし方にはコツがあります

トイレ掃除をするときには便器のふちについた汚れもきれいに落としましょう。

便器のふちには尿石が付きやすい汚れですが、酸性の洗剤を使えばきれいに落とすことが出来ます。

4.便器のふち裏掃除の方法を覚えましょう

便器のふち裏についた尿石を取る方法には2つあります。

一つは酸性洗剤を使う方法です。

もう一つはサンドペーパーで直接汚れをこすり落とす方法があります。

便器が傷つかないように注意しながら行いましょう。