first
ワークライフバランスインタビュー

ワークライフバランスインタビュー

松田 里美さん

「子供を持つことを諦めないでください。子供を産み、
育てることが間違いなくあなたの仕事にも活かされます。」

1

ソースネクスト株式会社 専務取締役
松田 里美さん

profile

松田 里美 / ソースネクスト株式会社 専務取締役
1971年生まれ、秘書、プログラマー職を経てソースネクスト株式会社へ入社。

ソースネクスト株式会社 ホームページ

第1回目は「ソースネクスト株式会社代表取締役専務・松田里美さん」です。
人財(人材)育成から今後の展望まで幅広く語っていただきました。
高橋
まず、御社について教えて下さい。
松田
パソコンソフトウェアーの企画~開発・販売までを一括して手がけている企業です。
高橋
パソコンソフトのシェアNO1、4年連続1位って事ですが凄いですよね!私が凄く印象的だったのは『スーパーマーケットのチラシを自動的に纏めてくれる』というソフトです。ソースネクストさんは常に幅広いジャンルのソフトを販売されていますよね。
松田
当社ではお子様から高齢の方まで幅広く役立つソフトを出し続けていますが、もっと色々なジャンルで沢山の人が楽しめるソフトを出して行きたいです。市場ニーズがあれば、未着手のジャンルにも意欲的に手を出して行きたいと思っています。
高橋
楽しみにお待ちしています。ではここからはそれぞれのテーマについて語って頂きたいと思います。最初は『ソースネクスト流・人材(財)育成』の考え方について教えて下さい。
松田
当社が目指しているのは『エキサイティング』な企業である事です。企業がエキサイティングであろうと思えば、働いている人達が『楽しい』と思えないと駄目です。だって、同じ生きるのなら、不幸より幸福の方が良いですよね?人は『幸福』を求める生き物だと思いませんか?だから、働くのもつらいより、楽しい方が良い。嫌々働いていても全然エキサイティングじゃないですよね?
高橋
同感です!
松田
その為には『自発的』に仕事をしていく必要があると思います。上から落ちてくる仕事をただ言われたとおりにこなすだけじゃなく、自分でひと工夫して、考えて仕事をする。そうする事により自分のコントロール下で仕事が進むのでストレスも少ないし、自分が仕事を回しているという達成感や満足感がある。それが大事です。それに、企業としても皆が自発的に仕事を進めてくれた方が、嫌々仕事をされるより、絶対に効率的です。勿論、会社の方針や戦略に合っていることが大前提ではありますが、当社ではそういった人物を求めています。
高橋
なるほど。幸せの基本は「楽しく」!自分の意思を自発的に加えて仕事が出来る人を育成していかれる・・・御社の社員の皆さんは『I want to do it!You can do it!!』 な方々が多くいらっしゃるのでしょうね。素晴らしいですね。
1 / 3 1 2 3