first
ワークライフバランスインタビュー

ワークライフバランスインタビュー

田島 弓子さん

「一日完走! 挑戦こそ、生きる実感」

20

ブラマンテ株式会社 代表取締役
田島 弓子さん

Profile

ブラマンテ株式会社 代表取締役

1967年生まれ。成蹊大学文学部卒業。
IT業界専門の展示会主催会社などにて、マーケティング・マネージャを勤めた後、1999年マイクロソフト日本法人に転職。約8年間の在籍中、Windows2000、WindowsXP、WindowsVistaなどWindowsの営業、マーケティングに一貫して従事。最終的には当時営業・マーケティング部門では数少ない女性の営業部長を勤める。在籍中、個人および自身が部長を務めた営業グループでプレジデント・アワード2回受賞。また社内幹部候補としてリーダーシッププログラム等への参加経験も持つ。
2007年キャリアおよびコミュニケーション支援に関する事業を行うためブラマンテ株式会社を設立。個人および企業向けキャリア、コミュニケーションのコンサルティング事業、特に、「仕事が面白くなる」若年層向け働き方論、中間管理職、現場リーダー向け、人を動かして仕事の結果を出すためのビジネス・コミュニケーション、「女性の中間管理職を増やす」ための女性および上司向けキャリア支援などをテーマに、社員研修、セミナー、各種執筆活動を行っている。

自分の強みを発信して、チャンスをつかむ
高橋
弓子さんは現在、キャリアアドバイザーとして活躍されていますが、そもそもこの仕事をはじめるきっかけはなんだったのでしょうか?
田島
もともと私は、企業のサラリーマンとしてバリバリ働いていました。でも、夫(本田直之さん、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長)が、彼の人生の夢であった「日本とハワイを本格的に行ったり来たりする生活がしたい」というので、それを実現するために会社をやめたんです。それから、自分にできることは何か考えた結果、働いてきた経験を活かして、キャリアアドバイザーになることにしました。会社をやめても、何かしら仕事はしていたかったので。
高橋
いま、こんなに売れっ子のキャリアアドバイザーでいらっしゃるその生い立ちには、ご主人の一言がなかったら、今の仕事はしていなかったかもしれない、と。
田島
そうですね。会社が大好きだったので、いまもサラリーマンとして働いていたと思います。
高橋
人生って歩んでみないとわからないものですね。チャンスがあった時に、それをつかんで行動できることが大事なんだと思います。弓子さんを見ていると、仕事だけじゃなく、ハワイと日本を行き来しながら、趣味も楽しんで、人間関係も大事にしていて、本当に行動力があると感じます。どうしたら、そういうチャンスをつかめるのでしょうか。
田島
私はまったく自分に自信がないし、自己肯定感もすごく低いんですよ。だから、独立して出版のオファーをいただいた時も、自分の働き方が本になるなんて思いませんでした。でも、出してみると共感の声を頂いたり、うちの会社でこういう話をしてください、という依頼をいただいたりするようになった。ここに、一つのヒントがあります。皆さんも、今までの人生や仕事を通じて、なにかしら自分だけの「ネタ」を持っていると思うんですよ。「自分のいいところ」というと見つけるのが難しいかもしれませんが、なにか自分なりのメソッドを持っていることはありませんか?それを、こわがらずに発信してみてください。そうすると、そこから道がひらけるかもしれません。
高橋
誰かが見つけて「いいね!」と言ってくれるかもしれない、ということですね。弓子さんの場合、その自分の「強み」みたいなものは、なんだったんでしょうか。
田島
それが、いま私が本としてまとめたり、キャリアアドバイザーとして伝えたりしている内容ですね。ひとつは、仕事=人生くらいに仕事にぎゅっとのめり込むことで、バランスが見えてくるような働き方。2つ目は、ビジネスにおいて自分を助けてくれたのは、やっぱりコミュニケーション能力だったので、ビジネスコミュニケーションについて。最後は、私は女性で、部下の立場も上司の立場も経験したので、女性がもっと組織のなかでいきいき働くための考え方や具体策。この3つに特化してアドバイスさせていただいています。
高橋
弓子さんは、ただ自分がいきいき働くのではなく、実力をつける、結果を出すということを大切にしていらっしゃいますよね。
田島
仕事である以上、自分がどうだと言う前に、お客さまに満足してもらうこと、会社に貢献できているかが大前提ですよね。そこを果たせたから、お客さまが喜んでくれたから「がんばってよかった」と思うのが、私にとっての「いきいき」です。
高橋
あぁ、大事なことですね。
田島
与えられたポジションのなかで、どれだけ自分をいい状況にもっていけるか。人生全体についても同じだと思うんですよね。女性って結婚したら夫の仕事の都合や人生の方針に、ある程度自分の生き方を合せることになると思うんですよ。でも、そこでただ我慢する、自分の主張を押し通そうとするのではなく、その状況に応じてしなやかに自分のしたいことを実現できたらいいですよね。
高橋
与えられた環境に感謝をして、みんなの最大「幸」約数は何かを考えて、生きる。
田島
そうです。年を取れば取るほど、自分の周りの環境を変えるというのは難しくなりますからね。その状況のなかでの幸せを考えたほうがいいんです。
高橋
いろいろなものも背負うことになりますし、自分の勝手で動くわけにはいかなくなりますよね。でも、逆に考えると、勝手に生きられないから、人生は美しいし、ありがたいものなのかもしれません。
“
1 / 3 1 2 3