石灰化した汚れの性質に合ったトイレ掃除が効果的です


石灰化してしまうと、汚れはなかなか落ちません。

便器にこびりついた状態となっており、まさに石のような硬さすら感じられます。

しかし、汚れの性質を考えた掃除方法により、スムーズに落としやすくなります。

ポイントを押さえて、実践してみてはいかがでしょう。

石灰化した汚れの特徴を押さえましょう

石灰化する汚れとしては、主に2種類が代表的です。

水道水のカルキが結晶化したもの、そして尿の成分が固まった尿石です。

特にやっかいなのは後者であり、入念に掃除することが大切です。

理由は、たとえば石灰化した際のこびりつき具合です。

落としにくいどころか、それこそ便器の一部になったようにも感じられるほどの硬さになる場合もあり、かなり強力です。

見栄えとしても不衛生に感じられる外観となるため、使用時の快適性が悪く、また来客があった場合の印象も好ましくありません。

石灰化汚れに適した掃除方法で、しっかり取り除くことが大切です。

そしてもう一点、尿石は文字通り尿の成分が石灰化したものであるため、ニオイについても気になります。

いわゆるアンモニア臭を発するので、トイレならではの不快なニオイが漂います。

ニオイの元をしっかり落としきることで、この点も解消できます。

これら石灰化汚れの特徴は、共にアルカリ性であるという点です。

そのため、アルカリ性汚れを落とす上で適した掃除の仕方が有効になってきます。

アルカリ性の汚れに適した洗剤を使いましょう


石灰化した汚れは、とにかく便器面にぴったり張り付いています。

そのため、いかに面から剥がすことができるかがポイントとなってきます。

その点、酸性の洗剤が効果的です。

なぜなら、アルカリ性という性質は、酸性によって中和され、浮き上がるためです。

そのためカルキの結晶化や尿の石灰化で固まった汚れは、酸性の洗剤を選んで落とすとよいでしょう。

酸性の洗剤は、掃除コーナーなどで市販されています。

性質に合わせた洗剤選びは基本であり、たいていの洗剤は容器裏面に表示されています。

こだわって、選んでみてください。

また、専用の洗剤でなくても強力な洗浄効果を期待することは可能です。

梅干しや柑橘類の酸っぱさのもととして知られる、クエン酸を使用しましょう。

食品由来であるため、比較的健康への害は少ないながら、酸性の成分が石灰化汚れにもしっかり働きかけます。

通常は水と混ぜてスプレーにして使用しますが、どうしても落ちない石灰化汚れには、水の量を少なくしてペースト状にして使うとさらに効果的です。

汚れに塗りこんだあと、しばらく時間を置いてからこすると落ちやすいです。

どうしても落ちない硬い汚れの場合はどうすればよいのでしょうか

石灰化して硬くなった汚れは、前述の酸性洗剤を利用した方法であってもなお、落ちきらない場合があります。

ですが、だからといって諦める必要もありません。

さらなる掃除方法を用いることで、落とせる可能性は高まります。

その方法とは、道具を使って直に削ぎ落とすやり方です。

たとえば、目の細かいサンドペーパーで磨いてみるとよいでしょう。

粒子で物理的に削っていけるので、石灰化汚れも落ちやすくなります。

ただ注意点として、かならず目の細かいものを選ぶよう気をつけてください。

目が粗いサンドペーパーの場合、石灰化汚れどころか便器そのものまで傷つけてしまう恐れがあるためです。

またもう一点、金属製のノミのような道具で削る方法も効果的です。

トイレの石灰化汚れ専用に売られているものもあるため、掃除に取り入れてみてください。

パリパリとスムーズにはがれていく場合もあり、サンドペーパーで磨くより効率的です。

どうしても難しければ、最後は業者に頼るのがおすすめです。

個人での努力もよいですが、やりすぎてトイレを傷つけてしまったり、強力な酸性洗剤で健康に支障が出たりする可能性も考えられます。

無理のない範囲で、やってみてください。

(まとめ)やっかいな石灰化したトイレ汚れの掃除方法とは?

1.石灰化した汚れの性質に合ったトイレ掃除が効果的です

便器の汚れは石灰化すると、石のようになって便器にこびりついた状態となります。

しかし、汚れの性質に合った掃除方法をおこなうことで、スムーズに落としやすくなります。

2.石灰化した汚れの特徴を押さえましょう

石灰化する汚れは、主に水道水のカルキが結晶化したものと、尿石の2種類が代表的です。

特に後者は、強力にこびりつき、不快なニオイを発するため、しっかり取り除いておくことが重要です。

3.アルカリ性の汚れに適した洗剤を使いましょう

アルカリ性の石灰化汚れには、逆の性質である酸性洗剤が有効です。

汚れを浮かす働きによって、しつこい汚れも落ちやすくなるためです。

市販の洗剤製品のほか、クエン酸を代用しても効果的です。

4.どうしても落ちない硬い汚れの場合はどうすればよいのでしょうか

強力な酸性洗剤でもなお落ちにくい場合は、物理的に削り落とす方法が有効となってきます。

目の細かいサンドペーパーや金属ノミで、固まった汚れを落としましょう。

ただ、便器を傷つけてしまわないよう注意も必要です。