換気扇を掃除する際に注意するべきポイントは?

換気扇掃除


キッチンの汚れがたまる箇所・・・掃除で面倒な箇所といえば、換気扇(レンジフード)ですね。いざ掃除しようと思って、フィルターを取り外してみると、油汚れと埃の汚れで真っ黒、なんてことはよくある光景です。そこで、換気扇の掃除で注意するべきポイントや洗い方をご紹介します。

換気扇の掃除は電気パーツに注意


換気扇の掃除は頑張れば素人でも徹底的にキレイにすることができるものです。

しかし慣れていない場合は最低限注意すべきポイントを抑えてから掃除しなければ、かえって換気扇の故障を招くことにもなりかねません。

換気扇はあくまでも電気機器ですので、フィルターだけでなく本体内部なども掃除する場合は、電気パーツに無思慮に水を吹きかけるようなことをすると故障の原因になってしまうかもしれません。

また分解洗浄したあとのパーツもしっかりと水を乾かしてから本体に戻すように心がけましょう。

また換気扇の素材によっては用いることができる洗剤などの気をつける必要があるでしょう。

キッチンをきれいに使うために換気扇をキレイにすることが大切

キッチン周りは料理が好きな人たちにとって聖域とも言うべき大切な場所です。

大掛かりなリフォームをしようという場合、料理をする人であればまずはキッチンをはじめとした水周りのリフォームを優先したいという意見が多いのではないでしょうか。

そんなキッチンで困るのはやはり油汚れです。

油汚れは想像以上にいろんなところに飛び散っているものなので、ほうっておくとベタベタした汚れがついてしまいますし、ニオイなどもついてしまう可能性があります。

そんな中でキッチンをキレイに保つために欠かせないのが換気扇です。

レンジフードというものも最近は多いと思いますが、この換気扇やレンジフードがどのようなものかもキッチンをあずかる人たちにとっては大きなポイントでしょう。

この大きな役割を果たす換気扇をしっかりとキレイにしておかないと、お料理をしていないときでも不快なニオイがしてしまうなどの問題の原因となります。

もちろん換気扇の掃除は専門の業者さんに任せるという家庭もあると思いますが、自分でやるにせよ他人に任せるにせよ定期的に掃除することによって清潔な状態に保っておきましょう。

換気扇はパーツによって洗い方注意


換気扇の掃除をすると言っても、ちょっとした掃除から本格的な大掃除まで色々なケースがあります。

いずれにしても水分を使うことが多いと思いますが、換気扇では水につけおきして洗っても大丈夫なところもあれば、水分をかけないほうがよいところもあるので注意が必要です。

洗剤を塗布したウエスなどで優しく拭き掃除をしたほうが良い本体内部のパーツもありますので、場所によって掃除の仕方を考えて慎重に進めるようにしましょう。

意外と盲点なのが、換気扇本体からフィルターを外すときなどの注意点です。

換気扇は高いところについていますので、取り外し方がよくわからないような状態で椅子などに登って取り外そうとすると、誤って椅子から落ちてしまったり、外したパーツを落としてしまったりする可能性もあります。

自分自身がケガがないようにも気をつけるべきですし、周りに人がいる状況であれば、取り外したフィルターなどをそばにいる人の上に落としたりしないように気をつけましょう。

もちろん落っことしてパーツを壊したりしないようにも注意を払いましょう。

換気扇の掃除に苛性ソーダを使う方法

換気扇の掃除をするのに多くの有効な洗剤がネット上などでも紹介されています。

中性洗剤などで拭き掃除をするだけでキレイになればいいのですが、油汚れがすごい場合にはもう少し強力な洗剤を使う必要があるかもしれません。

そのような場合は手荒れ、また換気扇の素材によっては変色や劣化を心配する必要があるでしょう。

換気扇の掃除に使う洗剤として人気があるものの一つが苛性ソーダです。

この苛性ソーダは強いアルカリなので皮膚に直接つかないようにしっかりと手袋などをして作業をしましょう。

また揮発したものを吸い込むのも避けたほうが良いのでマスクを着用して掃除をしたほうが良いでしょう。

どうしてもしつこい油汚れを取りたい場合には十分注意してこうした洗剤を用いてクリーニングをすることもできます。

換気扇で掃除するのは3箇所

換気扇掃除は大掛かりで大変なイメージがありますよね。普段からこまめに掃除する場所ではないので、どの程度の汚れがあるのか、どれくらい時間がかかるのかわからないというのも掃除を始めにくい理由の1つでしょう。

しかし、掃除すべき場所はたった3箇所。ファン、フィルター、レンジフードカバーの3箇所を掃除すれば、換気扇掃除は完了です。意外かもしれませんが、換気扇の構造はとてもシンプルです。3箇所を1つずつ掃除していけば、換気扇は見違えるほどキレイになりますよ。

ファンによって掃除の仕方が違う

換気扇で掃除すべき場所の1つは、汚れた空気を外に排出する「ファン」です。換気扇のファンには、主にシロッコファンとプロペラファンの2種類があります。形状や排気方法が異なるため、それぞれに合った掃除方法で行うことがポイントです。

シロッコファンとは、縦長の羽が筒状に取り付けられている形をしていて、レンジフードなどに使われています。汚れた空気をダクトに通じて外に排出する役割があります。換気扇が屋外と直接つながっていなくても排気ができるので、壁に面していない対面キッチンにも採用されています。

プロペラファンとは、4つの羽がプロペラのように回転して汚れた空気を排出するファンです。直接屋外に排気するので、屋外と面している壁に設置されています。

シロッコファンの掃除方法

シロッコファンの掃除をする前に用意するものは、重曹またはセスキ炭酸ソーダ沸騰水、ゴミ袋、割り箸や歯ブラシです。さらに、シロッコファンを取り外すとき、床が汚れないように新聞紙を引いておくと安心です。

まず、重曹・セスキ炭酸ソーダ沸騰水を作ります。水1リットルに対して大さじ3の重曹またはセスキ炭酸ソーダを入れて沸騰させます。10分経ったら火を止め、扱いやすくなるまで少し冷ましましょう。

次に、シロッコファンを外したら、フィルターとファン、ネジを外し、全てゴミ袋に入れます。そこに、先ほど作った重曹またはセスキ炭酸ソーダ沸騰水を入れ、1〜2時間浸け置きしましょう。油汚れが分解されて汚れが落としやすくなっているので、歯ブラシや割り箸で汚れをこすり落とします。あとは、お湯で洗い流し、乾燥させてレンジフードに取り付けたら完了です。

プロペラファンの掃除方法

プロペラファンの汚れを落とすのにおすすめなのが、オキシクリーン。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、酸性の油汚れと中和して汚れを落とすアルカリ性の性質があります。泡で汚れを浮かせて落とすので、お掃除がとてもラクになります。用意するものは、オキシクリーンとお湯、バケツやゴミ袋、スポンジ、重曹水です。

まずは、バケツにお湯を入れ、お湯1リットルに対してオキシクリーンを付属スプーン1杯を入れて溶かします。そこに、外したプロペラファンを入れて、浸け置きしましょう。ファンが入るようなバケツがない場合は、ゴミ袋でも代用できます。浸け置きすると、頑固な油汚れが水に溶け出し、プロペラファンがキレイになっているはず。あとは、残った汚れをスポンジでこすりながら水で流し、ファンを乾かしましょう。元の場所に戻したら、プロペラファンの掃除は完了です。

換気扇のフィルターには重曹と歯ブラシ

目の細かいフィルターには重曹と歯ブラシを使うと汚れを落としやすくなります。用意する道具は、重曹と歯ブラシ、新聞紙です。新聞紙の上にフィルターを置き、汚れている部分を中心にフィルターに重曹をふりかけていきます。表面が見えなくなるくらい、しっかりと重曹を乗せましょう。そして、このままの状態で放置します。

時間を置いたら、歯ブラシを使って汚れを落としましょう。このとき、汚れが飛ぶのが気になるのであれば、ゴミ袋の中に入れてこすり落とすと汚れが飛ばす、後始末がラクになります。

最後に、汚れを洗い流して乾燥させ、元の位置に戻しましょう。重曹がない場合、セスキ炭酸ソーダで代用することもできます。セスキ炭酸ソーダのほうがアルカリ濃度が高いとされているため、油汚れが多い場合はセスキ炭酸ソーダを使ってみるといいでしょう。

レンジフードカバーにはアルカリ性洗剤

ファンやフィルターを掃除したら、最後にレンジフードカバーの汚れを取り除きます。パーツのように丸洗いするわけにはいかないので、基本的にはアルカリ性の洗剤を使って水拭きをします。レンジフードカバーの表面と内部の汚れを拭き取りましょう。水拭きで汚れが取れない場合は、キッチンペーパーと食品用ラップを使って汚れを浮かせると汚れが落ちやすくなります。

手順としては、キッチンペーパーにアルカリ性洗剤を染み込ませ、汚れている場所につけます。その上から食品用ラップを被せ、30分〜1時間放置しましょう。すると、汚れが浮くので、雑巾で拭き取るだけで汚れが取れるはずです。表面を拭くことがメインになるレンジフードの掃除は、ファンやフィルターを浸け置きしている間に行うと時短になりますよ。

頑固な油汚れには浸け置き

普段あまり掃除しない換気扇。意気込んで掃除をするからには、一度で汚れを落としきりたいですよね。擦っても拭いても落ちない汚れには、洗剤の力を最大限に発揮させることが大切です。ポイントはお湯の温度と浸け置きです。洗剤は、汚れを落とすまでに一定の時間がかかるため、時間をおく必要があるのです。用意するものは、新聞紙と重曹、ゴミ袋、スポンジや歯ブラシです。手が汚れないようにゴム手袋をはめるのも忘れずに。

まずは、床が汚れないように新聞紙を換気扇の下に引いて、ファンやフィルターなどのパーツを取り外します。それをゴミ袋に入れて、45〜50℃のお湯を入れます。シンクで他のものと一緒に浸け置きでも良いでしょう。湯量の目安はパーツがお湯につかるくらいです。計量カップ半分程度の重曹を入れて、10〜20分浸け置きしましょう。時間が経ったら、スポンジと歯ブラシを使って汚れを擦り落とします。これで、頑固な汚れもすっきりキレイに落ちるはずです。

忙しい人はプロにお任せ

換気扇掃除は大掛かりで時間がかかるもの。とくに、あまり掃除の頻度が高くないと自分では取りきれないほど頑固な汚れになっていることもあります。また、換気扇の取り外しに慣れていないと壊してしまう可能性があるので、本格的に掃除をしたいならプロのハウスクリーニングへの依頼がオススメです。

しかし、初めてだと専門業者に依頼してもいいものか不安になってしまう人も多いでしょう。そこで、実際にベアーズに換気扇掃除を依頼された方の声をご紹介します。

昨日は本当にありがとうございました。換気扇もエアコンも、その後順調に作動しております。精密機械だったので難しいこともあったかと思いますが、丁寧に作業をしていただいて、完璧な仕事でした!

引用元:https://www.happy-bears.com/area/houseclean/oosaka/oosaka/tsurumi/5754

ハウスクリーニングの利用は初めてでした。換気扇をあそこまで分解したのは見たことがなかったのですが、最初の説明などもわかりやすく、馴れているご様子だったので、

不安を感じずにサービスを受けることができました。

引用元:https://www.happy-bears.com/area/houseclean/kyoto/kyoto/2110

ベアーズでは、専用の洗剤を使い、経験豊富なプロが換気扇クリーニングをおこないます。取り外しが難しい換気扇内部の掃除もプロに任せれば安心です。一度徹底的に汚れを落としてもらえば、その後のお掃除もとてもラクになりますよ。

【参考】 換気扇クリーニング・レンジフードのお掃除 ハウスクリーニング/株式会社ベアーズ

(まとめ)換気扇を掃除する際に注意するべきポイントは?

  1. 換気扇の掃除は電気パーツに注意しましょう。
    換気扇の掃除を徹底的にする場合は分解洗浄やつけおき洗浄をする方が多いかもしれませんが、本体内部に不用意に水を吹きかけて掃除をして電気パーツを壊してしまったりすることがないように注意しましょう
  2. キッチンをきれいに使うために換気扇をキレイにすることが大切です。
    キッチンをキレイで衛生的に保つために不可欠なのが換気扇やレンジフードなどの存在です。その換気扇が汚れていると本末転倒ですので、業者に任せるにせよ自分で掃除するにせよ常にキレイな状態を保ちたいものです。
  3. パーツによって洗い方を注意しましょう。
    換気扇の本体内部を掃除する場合には水を吹きかけないほうがよいところに注意してウエスで拭くなど掃除の仕方を考えましょう。また高い場所についている換気扇からフィルターを取り外すときにも注意が必要です。
  4. 換気扇の掃除に苛性ソーダを使う方法もあります。
    換気扇の掃除をするために苛性ソーダなどの強い洗剤を用いる場合には手袋やマスクをしっかり用意し、取り扱いに注意して掃除をしていく必要があります。換気扇自体を傷めないかどうかも事前に確認しましょう。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る