おしゃれなクリスマスカードを目指してオリジナルアレンジをしてみましょう

お役立ち全般


日頃の感謝の気持ちを伝える方法として、クリスマスには大切な家族やお子さんのお友達などへ、手作りクリスマスカードを送ってみませんか?プレゼントと一緒に贈れば、プレゼントもカードもより引き立つはずです。
そこで、ちょっとしたアイデアやコツで、可愛くておしゃれなオリジナルクリスマスカードが作れるアレンジ方法を紹介します。

色柄豊富なマスキングテープでアレンジ

最近では文具店だけでなく、100円ショップなどでもいろいろな色柄のおしゃれなマスキングテープが販売されブームになっていますね。人気のメーカー・ブランドもあり種類も豊富ですから、マスキングテープをコレクションしている方やお子さんも多いのではないでしょうか。流行りのマスキングテープをクリスマスカードにも活用すれば、簡単におしゃれなアレンジができますよ。

白い厚紙を長方形、ハート形、ツリー形といったように、好きな形にカットしてカード本体を作ります。
カードの淵(周辺)を好きな色柄のマスキングテープで囲むように貼っていきます。マスキングテープのデザインは、クリスマスを連想させるようなもの、たとえば赤色や緑色、クリスマスリースやベル、サンタクロース柄などがよいでしょう。マスキングテープを貼る時にハサミできれいにカットしてもOKですし、手でちぎって貼っても手作り感あふれる雰囲気になりますよ。

また、さらにアレンジするなら、フェルト生地を使って雪だるまを作って貼りつけても素敵です。白のフェルトで雪だるまの頭と胴体となる丸い形を切り出し、黒のフェルトで帽子を切り出します。赤のフェルトでは鼻となる小さな丸を。糸やペンでもいいかもしれません。
それらを雪だるまになるように重ね合わせ、接着剤またはのりで、カードの余白に貼りつけ、目や腕をペンで描きたします。好みでリボンを襟元につけてあげるとより華やかになります。

100円ショップ等で揃う材料でアレンジ

きれいなカラーの厚紙に、100円ショップでも販売されている、平らなクリスマスオーナメントをボンドで貼りつけるアレンジもおすすめです。「メリークリスマス」といったメッセージのデザインや、星などがぴったり。
他にも、カードを開くとクリスマスソングが流れるタイプのカードを使うのも、特別感が増してきっと喜ばれます。クリスマスソングが流れるカードに、リボンやビーズなどをボンドでつけてデコレーションするとよりゴージャスになりますね。
このようなアレンジは、お子さんがいるご家庭にもピッタリ。ぜひ一緒にチャレンジしてみてください。くっつけたり貼ったり、お子さんそれぞれのセンスを活かしながら、楽しく取り組めるでしょう。

和紙を使って作る和風アレンジ

和と洋の融合とでもいいましょうか、和紙独特のゴワゴワした質感が魅力のクリスマスカードもおすすめです。つるんとした平らなカードと違って、和紙は立体感や厚みを出せるので、少しアレンジするだけで、ちょっとラグジュアリーな大人っぽい和の雰囲気を演出できますよ。

無地や和風の色柄の和紙を、長方形や三角、ハートといった風に、好みの形に切り取ります。
切り取ったカードに、さらに、雪だるまや星、クリスマスツリー、トナカイなど、クリスマスを連想させるような形に切り取った和紙を貼っていきます。この時、使用する和紙はカード本体が無地で、雪だるまや星などは柄物を活用するとおしゃれに仕上がりますよ。切り取って貼る作業で完成です。これなら小さなお子さんと一緒に作れそうですね。

まとめ

クリスマスは年に一度の冬の一大イベント。日頃の感謝の気持ちを伝えるアイテムの1つとして、クリスマスカードをお子さんと一緒に手作りアレンジするのも楽しいイベントになるでしょう。

もし、「下の子がまだ赤ちゃんで手がかかるので目が離せない」や「材料を買いに行く時間が取りづらい」など、なにかと時間が取れずに諦めなくてはいけないという方は、家政婦さんやベビー・キッズシッターを頼んでフォローしてもらうのもよいですね。材料の買い出しはもちろん、お子さんと向き合って手作り時間を一層楽しめるはずです。

子育てに忙しい主婦(夫)の方も、共働きのお母さんお父さんも、幼い年齢のお子さんと過ごすクリスマスはその時だけ。ぜひ一緒に、クリスマスカードのアレンジなど手作り時間を楽しんでくださいね。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る