トイレ掃除に必要な洗剤は酸性?それとも塩素系?

トイレ掃除


トイレ掃除に必要な洗剤は酸性?それとも塩素系?

トイレ掃除ではいろいろな汚れを落とさなければならないので、酸性の洗剤も塩素系の洗剤も汚れを落とすのに効果的に使えます。

トイレ用の洗剤にはトイレの汚れに適した洗剤を選ぶことが大切です。

トイレの汚れに応じて洗剤を使い分けましょう

トイレの汚れは通常の汚れであれば中性洗剤で問題はないのですが、少しでも汚れを放置していると黄ばみとなって現れます。

黄ばみが出てくると中性洗剤では対処しきれません。
黄ばみには塩素系の洗剤が効果的です。

塩素系だけでは落としにくい汚れもあります。

尿石となって便器の裏などにこびりついている汚れは塩素系の洗剤では落とせません。

尿石の汚れを落としたいときには酸性の洗剤を使いましょう。初めから酸性の洗剤を使った方がいいのでは、と思うかもしれません。

もちろん始めから洗浄力の強い洗剤を使ってもいいのですが、酸性や塩素系の洗剤を使うときには落としにくい汚れがあるときに限った方がいいでしょう。

トイレの便器や床などの材質をいためる危険性があるからです。更に強い洗浄力がある分だけ、手などが荒れてしまう可能性も高くなります。

頻繁にトイレ掃除をしている場合には汚れがこびりついてはいないので中性洗剤で十分です。

トイレ掃除をさぼりがちで、黄ばみや黒ずみがついてしまっている場合にはその汚れに応じて酸性や塩素系の洗剤を使うといいでしょう。

塩素系と酸性の洗剤は一緒に使ってはいけません

塩素系と酸性の洗剤は一緒に使ってはいけません

塩素系の洗剤と酸性の洗剤を一緒に使ってはいけません。

両者の洗剤をいっぺんに使うと洗剤の成分が化学反応を起こして毒ガスが発生する恐れがあるためです。
誤って毒ガスが発生してしまい、気づかずにそれを吸い込んでしまうと重篤な危険があるのです。

黄ばみを塩素系の洗剤で落とした後に尿石を取り除くために酸性の洗剤を使ってトイレの汚れを徹底的に落としたいと思うこともあるでしょう。

洗剤を使った後に徹底的にきれいに洗い流してから次の洗剤を使えば問題はないとはいえ、徹底的に洗うことが出来ず何かの偶然に毒ガスが発生してしまうかも知れません。

リスクを回避するためには、酸性や塩素系の洗剤は1回のトイレ掃除ではどちらか片方だけ使うようにした方がいいでしょう。

1回の掃除で使う洗剤は1種類と決めておけば、絶対に洗剤が混ざることもないので毒ガスが発生する恐れもないのです。

黄ばみを取るために塩素系の洗剤で掃除をして、尿石が気になる場合でもその日のうちに掃除をするのではなく、次の日に酸性の洗剤を使って尿石を取り除けば問題はありません。

強い洗浄力のある洗剤にはリスクもあります

酸性や塩素系の洗剤は強い洗浄力があるのでその分使用するときにはリスクがあると考えておきましょう。

酸性や塩素系の洗剤は中性洗剤では落としきれないひどい汚れをきれいに落とすことが出来ます。その分入っている成分は強力な洗浄力があるので、手荒れがひどくなるリスクがあります。

さらに、便器やトイレの床、タイルの目地などが酸性や塩素系の洗剤を使うことで変色したり、材質を傷めたりしてしまうリスクもあるのです。

これらの洗剤を使った後は洗剤の成分が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

ひどい汚れを落とした後も、洗剤の成分が残らないようにすることで、便器などを洗剤から守ることが出来るでしょう。また、トイレ掃除をするときに洗剤を使う場合には手袋をはめてから行いましょう。

洗剤の強い成分が皮膚にダメージを与えることから守ることが出来ますし、トイレにはいろいろな雑菌がいるので、手袋をはめて雑菌から防ぐことが必要です。

(まとめ)トイレ掃除に必要な洗剤は酸性?それとも塩素系?


1.トイレ掃除では酸性と塩素系どちらの洗剤も汚れを落とすことに適しています

トイレ掃除では汚れに応じて酸性の洗剤と塩素系の洗剤を使えば、こびりついた汚れもきれいに落とすことが出来ます。トイレをきれいにするためには、汚れに適した洗剤選びが大切です。



2.トイレの汚れに応じて洗剤を使い分けましょう

トイレの汚れの黄ばみには塩素系の洗剤を使うことが効果的です。
尿石となって便器の裏などにこびりついている汚れは酸性の洗剤で落とさなければきれいに落とすことが出来ません。


3.塩素系と酸性の洗剤は一緒に使ってはいけません

塩素系と酸性の洗剤はどちらも強い成分が入っています。混ぜると毒ガスが発生する危険性があるので一緒に使うことは絶対にやめましょう。

1回の掃除で種類の洗剤を使うことを決めておけば危険なリスクを回避することが出来ます。


4.強い洗浄力のある洗剤にはリスクもあります

酸性や塩素系の洗剤は中性洗剤では落としきれない汚れを落とせるだけあって成分がかなり強いです。
使った後はしっかりと洗い流しましょう。洗剤成分が残っていると便器などの素材を傷つけてしまいます。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る