雑巾がけのフローリング掃除の理想的な頻度は?

床掃除



フローリングの雑巾がけは1ヶ月~3ヶ月に一回の頻度が理想的だといわれています。

年に一回、年末年始の大掃除のときだけというのでは、汚れが蓄積してしまいます。

また、埃をとったり掃除機をかけたりするのは、できるだけ毎日行うようにしましょう。

ワックスがけは半年ごとに塗り重ねをしていくと美観が保たれるでしょう。

フローリングの汚れは皮脂汚れや食べこぼしなどが原因といえます

定期的に雑巾がけをしないと、フローリングにはどんどん汚れが蓄積し、美観まで損ねてしまいます。

そもそも、なぜフローリングは汚れてしまうのでしょうか?
その原因を挙げていきましょう。 皮脂汚れが付着するから フローリングの雑巾がけを長期間行っていないと、床の黒ずみが目立ってくることと思います。

その黒ずみの正体は、「皮脂汚れ」だと考えられます。 特に、自宅で靴下を履く習慣がないご家庭や、小さいお子さまのいるご家庭では、フローリングに足の裏の皮脂汚れが付着しやすいといえます。 汗をかきやすい夏の時期はとくに要注意です。

食べ物、飲み物が付着するから 食事をする部屋では、食べ物や飲み物がこぼれてしまうこともあるでしょう。 また、キッチン周りのフローリングには、気づかないうちに油が飛んでいることもあります。

カビが発生することも 部屋の温度や湿度が高い場合、フローリングにカビが発生することも考えられます。 フローリングのカビを放置しておくと、材質にダメージを与える恐れもあります。

フローリングは定期的に清掃を行いましょう


フローリングを定期的に雑巾がけすることで清潔にしておくことは大切です。

皆さんは、どのくらいの頻度でフローリングの雑巾がけを行っていますか?
その年の終わり、年末年始に一回だけ……というご家庭も少なくないのではないでしょうか。

しかし、一年に一度というのは、フローリングの雑巾がけの頻度としては少々少ないと考えられています。

フローリングは部屋の中で人と触れ合う機会がもっとも多い場所といっても過言ではありません。

当然、汚れは付着しやすいでしょう。

1か月~3か月に一回の頻度で雑巾がけするのが理想的だといわれています。

掃除機がけや、掃き掃除はできるだけ毎日行うようにしましょう。

目には見えない埃や繊維質、虫の死骸、花粉、カビ菌など、フローリングには様々な汚れが落ちています。

これらを除去しないと、健康被害を受ける恐れがあることは無視できません。

美観を保つためにも、ワックスがけは半年ごとに塗り重ねをしていくことをおすすめします。

フローリングの雑巾がけにはメリットもデメリットもあります

フローリングの雑巾がけは定期的に行うのがよいと説明いたしました。

では、フローリングの雑巾がけを行うとどのような効果が期待できるのでしょうか?

まず、雑巾がけを行うことで皮脂汚れや食べこぼし、油汚れなどをふき取ることが可能になります。

これは、普段の掃除機がけや簡単な清掃では十分に取りきることができないと考えられるでしょう。

また、細かな埃や繊維質、花粉などを散乱させることなく除去することができます。

ただ、自分で雑巾がけを行うことにデメリットもあります。

例えば、風通しの悪い部屋で雑巾がけを行い、水分が残ることでカビの原因になることがあります。

その水分がフローリングのわずかな隙間に入り込み、素材が浮き上がってしまう可能性もあります。

また、ワックスが剥がれ落ちてしまうことがあるため、美観を損ねる恐れもあるでしょう。

雑巾がけは実際に行ってみると、かなり体力を消耗する掃除方法だということが分かります。

体力的に自信がないという方や高齢者の方、時間に余裕がない方などは専門業者に依頼することをおすすめします。

(まとめ)雑巾がけのフローリング掃除の理想的な頻度は?

  1. フローリングの雑巾がけは1か月~3か月に一回の頻度が理想的です フローリングの雑巾がけは年末年始に行うだけではなく、1か月~3か月に一回の頻度で行うことで、汚れの蓄積を防ぎましょう。 簡単な掃除は毎日行うこと、ワックスがけの塗り重ねは半年ごとに行うことが理想的です。
  2. フローリングの汚れは皮脂汚れや食べこぼしなどが原因といえます フローリングが汚れる原因にはいくつかあります。 まず、素足で歩いた時に皮脂汚れが付着することが挙げられます。 また、食べこぼしや油汚れもその一つです。 汚れではなくカビの可能性も念頭に置いておきましょう。
  3. フローリングは定期的に清掃を行いましょう フローリングには様々な汚れが付着しています。 掃除機がけや掃き掃除はできるだけ毎日行うようにして、1か月~3か月に一回の頻度で雑巾がけすることが大切です。 ワックスがけを半年に一度行うことで美観も保てます。
  4. フローリングの雑巾がけにはメリットもデメリットもあります フローリングの雑巾がけを行うことのメリットは、掃除機がけや掃き掃除などでは取れなかった汚れを除去することが可能になることです。 デメリットは、水分によりカビや材質の変形を招いてしまうことなどが挙げられます。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る