大掃除のスケジュールを立てるポイントは?

お役立ち全般


大掃除のスケジュールを立てるポイントは?

年末といえば大掃除。忙しい共働き世帯の場合、年の瀬に焦って大掃除を始めても時間が足りずに中途半端で終わってしまったり、効率良い手順がわからなかったりすることもあるでしょう。大掃除をきっちりと完了させるには、スケジュール管理が大切です。

そこで、今回の記事では「無理のないスケジュールを立てる方法」と「効率良く清掃するための方法」を紹介します。

大掃除のスケジュールを作る手順

最初に、大掃除のスケジュールを作るための手順から紹介します。

まずは各部屋を見回って汚れ具合を確認し、「大掃除をする場所としない場所のリストアップ」から始めます。普段の清掃が行き届いている場所はリストから外し、できるだけ短時間で大掃除を終わらせるように選別していきましょう。

次は「それぞれの清掃場所の担当決め」です。大掃除は一人で行うよりも、家族の担当を決めて行ったほうが確実に早く終わらせることができます。大掃除を家族の一大イベントとして、小学生以上のお子さんも含めて全員で参加してもらうようにしましょう。

その次は「場所ごとの時間の見積もり」です。スケジュールを立てる際は、それぞれの場所の清掃にどのくらい時間がかかるのかを見積もってから全体のスケジュールを決めていくようにします。

次は「ゴミ回収日の確認」です。特に年末の場合は、ゴミの回収日がいつもと違って休みだったりすることもありますので注意が必要です。大掃除をすればゴミが大量に出ることを考慮して、家の中にゴミを溜めておく時間ができるだけ短くなるような日を選んで決めていきましょう。

最後は「場所ごとの締め切りを決める」です。「この場所は何日に清掃する」でもいいですし、1日で終わらせたいのであれば「この場所は何時から何時まで清掃する」でも構いません。家族と話し合いながら、お互いに無理のないように余裕を持って計画していきましょう。

大掃除のスケジュールを作るポイント

大掃除のスケジュールを作成する際は、以下のポイントを抑えて考えていきましょう。

大掃除を効率よく行うためには「上から下へ、奥から手前」というように、玄関から最も離れた部屋から玄関への順で清掃します。奥の部屋からほこりを追い出し、最後に玄関から出す形で進めていくと、ほこりが奥に溜まりにくくなります。また、家が階層立てならば、最上階から下の階へと進めていくように計画を立てましょう。

家族に縁起を気にする人がいる場合、大掃除をする日を決める際に気をつけたいことがあります。それは、12月29日です。この日は9という数字がつくため、「苦」に繋がる日だと嫌われています。そのため、縁起を気にするならばこの日は避けたほうが良さそうです。

清掃範囲が広かったり、まとまった時間が取りづらかったりする場合は、「1日で終わらせてしまいたい」と無理をして計画を立てると、計画倒れになってしまうこともあります。1日で終わらないかもしれないと迷った場合は、家族のことを考えて無理をせずに何日かに分けてスケジュールを決めていきましょう。

大掃除のタイムスケジュール例

それでは、次に大掃除を1日で終わらせる場合のタイムスケジュール例を紹介します。1人で行うには少しハードなスケジュールですが、家族の皆さんで行えばスムーズに行うことができます。この例を参考にして、その家の広さや家族の人数に合った大掃除のスケジュールを考えてみてください。

1週間前:大掃除場所のスケジュール作成

大掃除をする1週間くらい前になったら、大掃除する場所のスケジュール作成にとりかかります。スケジュール作成は前述した「大掃除のスケジュールを作るポイントと手順」を考慮しながら作成していきます。

大掃除は完璧を求めてスケジュールを組むと無理が出てきます。徹底的に清掃をしても新居のような綺麗な状態に戻すことは難しいので、「新築とまではいかなくても、いつでも友人を呼べる状態にしたい」などの程度で考えて計画すると気持ちが楽になります。

また、担当決めをするときは、家族の能力に合わせた清掃場所を選び、適度な休憩を考慮しながら作業が長時間にならないように割り振っていきましょう。

前日まで:掃除道具の用意

大掃除をスタートしてから掃除道具の足りないものを慌てて買い足しに行くことがないように、前日までに軍手、ゴミ袋、マスク、洗剤、雑巾などの道具類をしっかりと準備しましょう。また、掃除道具で壊れているものがあれば、前日までに修理をするか新しく購入しておきます。購入の際は、必要なものをきっちりとリストアップしてから買い出しに出ることをおすすめします。

当日8時:カーテン

大掃除の当日の朝一番にやっておきたいことは、家中のカーテンを外して洗濯をすることです。カーテンを洗濯して乾くまでにはかなり時間がかかりますので、最初にやっておく必要があります

まずは、全てのカーテンを外し、レースカーテンから洗濯をします。その間にカーテンレールの拭き掃除を行っておきましょう。レースカーテンの洗濯が終わったら、湿ったままの状態ですぐにカーテンレールに取り付けて乾かします。レースカーテンはすぐに乾いてしまうので、カーテンレールに取り付けて乾かしても大丈夫です。

次は厚手のカーテンを洗濯します。厚手のカーテンを洗濯している間に、大掃除を手伝ってくれる家族に各部屋の清掃方法を指示しておきます。不要な物や使わない大きな物は、この時間を使って玄関先まで移動しておきましょう。厚手のカーテンは乾きづらいので、洗濯が終わったらすぐに外干しで乾かしてください。

当日8時半:キッチン

キッチンは家の中で一番ハードな汚れが付いている場所です。特に換気扇やコンロの五徳などのギトギトな油汚れには、その後の汚れ落としが簡単になるように1時間ほど洗剤につけ置きするといいでしょう。この時間は本格的なキッチンの清掃するのではなく、つけ置き作業をする時間として確保しておきましょう。

当日10時:浴室・トイレ

キッチンでのつけ置きが終わったら、次は浴室のカビ取りとトイレ掃除です。

まずは浴室をチェックし、浴室の壁にカビが発生しているようであれば、その部分にカビ取り剤を吹き付けておきます。塩素系漂白剤を使うときは、他の洗剤と混ざるとガスが発生してしまう危険性がありますので、それぞれ単独で使用するようにしましょう。

トイレの便器も汚れが溜まりやすいところです。トイレ専用の洗剤を吹き付けてしばらく放置してから清掃をすると楽に汚れ落としができます。便器のフチの裏側の汚れには、その部分にトイレットペーパを貼り付けてから洗剤をスプレーしておくと、洗剤が留まりやすくなります。

浴室とトイレの吹き付けが終わったら、この時間を使ってトイレの清掃を行います。トイレは日常的に清掃するところなので、今回は床や壁、ウォシュレット周りなど普段あまり清掃をしないところを中心に行いましょう。最後は洗剤を吹き付けておいた便器の汚れを落として終了します。

当日12時:キッチン

キッチンの清掃は、昼食後の後片付けが終わってからがおすすめです。キッチンの清掃には時間がかかりますので、いつもよりも少し早めの昼食を取って食器を片付けたら、その流れでスタートしましょう。

まずは、先程つけ置きしておいた換気扇や五徳などの汚れを、キッチンペーパーなどで拭き取ってからお湯で洗い流します。コンロの頑固な油汚れには、ペースト状の重曹をハブラシなどに付けてこすると綺麗に落ちます。調理台やシンク内は普段でも清掃をするところですので、綺麗であればここではさっと拭き取るだけでも構いません。もしもひどい汚れがあるようであれば、クリームクレンザーやタワシ、スポンジなどを使って綺麗に落とします。

他にもキッチンには冷蔵庫や電子レンジ、トースターなどの家電製品や食器棚、食品棚、壁、床などがありますので、忘れずに拭き掃除をしておきましょう。

当日14時:浴室

キッチンの清掃が終わったら、次は浴室です。午前中にカビ取り剤を吹き付けていた場合は、まずはシャワーで残ったカビ取り剤を綺麗に流してしまいましょう。

次にバス用の洗剤をバスタブやバス用品全体に吹き付けます。軽い汚れであれば20秒~30秒ほどそのままにしておいてから軽くスポンジでこすれば簡単に汚れ落としができます。残りは鏡や蛇口などを乾拭きし、ドアや窓、壁を水拭きすれば終了です。

もしもバス用洗剤でも落としにくい水垢や湯垢などの頑固な汚れが残っているのであれば、水垢には酸性のクエン酸、湯垢にはアルカリ性の重曹を使うことで汚れが落ちることがあります。水垢は水道水に含まれているカルシウムが石灰化したものなので、アルカリ性で白いウロコ状に固まっています。湯垢は水道水に含まれているマグネシウムと石鹸の酸性の化合物で、ヌルヌルとしたものや茶色に固まっているものがあります。これらの汚れを的確に判断し、うまく中和させることができれば汚れが簡単に落ちてくれます。

当日14時半:リビング

リビングは清掃面積が広いので、一番時間がかかる場所です。効率良く行うためには、家族で助け合いながら、上から下、奥から手前の順序で清掃するようにしましょう。

まず清掃しやすいように、動かせる家具は隅のほうへ動かし、外すことができるものは全部外しておくことからスタートします。その次に、天井のほこりを落としてから床掃除や壁掃除を行います。壁はほこりや手垢、タバコのヤニなどで汚れていることも多いので、全体を水拭きした後、汚れが残っている部分には住居用の洗剤か重曹などを使って汚れ落としをします。

床がフローリングの場合は、最後にワックスをかけて仕上げをすると、汚れやキズがつきにくくなり日常の清掃が楽になります。ワックスがけが大変であれば、つや出しスプレーなどを使ってフローリングのつや出しを行っておきましょう。床が完全に乾いたら、家具を元に戻しながら拭き掃除をすれば完了です。

当日16時半:洗面所・玄関

最後に行う場所は洗面所と玄関です。まずは洗面所と玄関の照明器具のほこりを落としてから床に掃除機をかけます。壁の汚れが気になる部分があれば重曹や住居用洗剤を使って拭いておきましょう。

洗面所の鏡はお湯拭きをしたあと、から拭きをします。洗面台の汚れも浴室と同じくほとんどがクエン酸か重曹で落とすことができます。洗面台も最後はから拭きをして仕上げます。

玄関の土間部分は泥や土、ほこりなどが溜まっています。ほうきか掃除機でそれらを取り除いた後は、重曹か住居用洗剤を薄めた液を作って拭き掃除をしましょう。最後はから拭き仕上げで終了です。

お掃除のプロにフォローしてもらうのもおすすめ

大掃除を一人で行うにはかなり大変だと思われますので、家族の手助けが必要です。しかし、家族が忙しくて手伝ってもらえない場合や、家族に手伝ってもらってもまだまだやりきれない箇所がたくさんある場合は、家事代行サービスに依頼するという方法もあります。

家事代行サービスからはお掃除のプロを派遣してくれますので、確実に清掃が捗るようになり、大幅に大掃除の時間短縮ができます。また、プロならではの効率の良い清掃方法や片付け方法で動いてくれるので、大掃除が中途半端で終わることなく満足することができます。清掃が苦手だという人は、プロのやり方を間近で見て効率の良いやり方をしっかりと学んでおくだけでも十分な価値があるでしょう。

まとめ

今回紹介したスケジュール例は1日ですべてを終わらせてしまうものでしたが、それよりも「もう少し細かく大掃除がしたい」場合や、「少しずつ大掃除を進めたい」場合は、1日1か所と決めてゆっくりと進める方法もあります。1日ですべて終わらせてしまうのがいいのか、1日1か所がいいのかは、家族と話し合いながら決めていきましょう。

毎年の大掃除はとても大変だと感じている人は、日頃から清掃をきっちりと行っておけば大掃除がかなり楽になります。共働きをしていて時間に余裕がないならば、家事代行サービスやハウスクリーニングに定期清掃を依頼しておくことも1つの方法です。このやり方であれば、日常的に清掃が行き届いている状態がキープできるので、年末だからといって特別に大掃除をする必要はありません。

年末は、家の中の片付けや不用品の廃棄などを行うだけと決めておいて、後はゆっくりと家族で楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る