年末大掃除の業者は「ハウスクリーニング」「家事代行」どっちがいいの?

お風呂掃除


一口に「掃除」と言っても幅が広く、種類や程度が大きく違います。
どこをどのようにきれいにしたいかによって、頼むべき業者が変わってきます。

例えば大掃除でやりたいことのうち、「トイレにこびりついた頑固な汚れを落とす」「コンロや換気扇に溜まった油汚れを落とす」ハウスクリーニング「家具や置物の拭き掃除」「片付け」は家事代行が行う領域に近いといえます。

詳しく見ていきましょう。

ハウスクリーニングでできること

ハウスクリーニングは清掃が専門のサービスです。
掃除の知識が豊富なスタッフが専用の機材や洗剤持ち込み、家庭の家事で行う掃除よりも専門性が高い掃除をしてくれます。
汚れが頑固だったり、換気扇やエアコンなど内部まで分解して清掃が必要なものなど、自分では落とせない汚れがある場合には依頼するのがいいでしょう。
料金は家事代行と比べると高めです。

家事代行でできること

家事代行は家事全般を行うサービスです。家庭で行う範囲での掃除をサービスとして依頼することができます。
汚れがそれほど頑固ではない、自分でもできるけど手が回りきらない部分をやってほしいという方は家事代行で十分といえるでしょう。
料金はハウスクリーニングに比べると安くなります。

組み合わせて使う

年に一度の大掃除の場合、どちらかのサービスの内容だけというよりは、総合的に綺麗にしてもらいたいものです。

キッチン周りの大掃除で『換気扇の分解清掃、シンクの清掃、食器や調味料をすべて出して棚を拭き、整頓して戻したい』場合には、「換気扇の分解清掃」はハウスクリーニング「棚の清掃、調味料と食器の整頓」は家事代行サービスの領域になります。「シンクの清掃」は汚れの程度によって、どちらに頼むか変わります。
頼む側からすれば同じ場所の作業なので全部やってくれればいいと感じますが、それぞれのサービスの特性が異なるので使い分けて併用したほうが満足のいく仕上がりになるでしょう。
違いを知らずに依頼をして「対応範囲外」と言われてしまうと残念ですよね。
対応してもらえなかった部分を頼みなおそうとしても、特に大掃除シーズンだと業者も混み合っていて思うように手配できなかったり、年末の割増料金で高くついてしまうことがあります。
依頼をする際は希望の内容を伝えて、対応してもらえるかをよく確認しておくことが大切です。

パターン別のおすすめ

【大掃除をする時間:ある 汚れが家庭用洗剤で:落とせる】場合
 →業者に頼まずとも大掃除は十分できそうです。
 掃除があまり好きではなかったり面倒に感じる場合や、怪我や体調不良などで自分で掃除をするのが難しい場合は、家事代行サービスをお願いするのがいいでしょう。

【大掃除をする時間:ある 汚れが家庭用洗剤で:落とせない】場合
 →時間があっても自分では落とせない汚れがある場合、ハウスクリーニングを利用するのがいいでしょう。
 
【大掃除をする時間:ない 汚れが家庭用洗剤で:落とせる】場合

 →時間があれば自分で綺麗にできるけど、時間がなくてできないパターンです。専門の洗剤が必要ない汚れの場合は、家事代行サービスで十分です。

【大掃除をする時間:ない 汚れが家庭用洗剤で:落とせない】場合
 →家庭用洗剤で落とせない汚れは、家事代行サービスに依頼しても落とせないことがあります。ハウスクリーニングを頼むといいでしょう。
家庭用洗剤でなんとかなる汚れも時間がなくて手を付けられない場合には、家事代行サービスを併用するのもおすすめです。

気を付けたいこと

ハウスクリーニングは専門性の高い洗剤を使用するとはいえ、素材そのものが傷んだり、変質したりしている場合は完全に綺麗にできないことがあるので、汚れなのか変質なのかは判断が必要です。

また、ハウスクリーニングをしてみて初めて汚れていたことに気が付く場合もあります。
気にならない程度の汚れがうっすらと付着している状態だと汚れていることに気付きにくく、ハウスクリーニングの洗剤を使ってピカピカの状態にすることで、初めて汚れていたことに気が付くこともあります。
汚れが目立ち始める前に、定期的にハウスクリーニングを利用する人もいます。

クリスマスやお正月の準備、忘年会や会食など、なにかと忙しい年末。
自分で大掃除をする時間があると思っていても、いざその時になると時間が足りず、慌ただしくなってしまったり、中途半端になってしまった経験はだれでもあるのではないでしょうか。
新しい年を気持ちよく迎えられるように、早い時期から計画しておくのがおすすめです。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る