お風呂掃除で厄介な天井のカビをきれいにするには?

お風呂掃除


天井のカビは塩素系のカビとり剤を使い柄の長いものでお風呂掃除

天井などお風呂にこびりついているカビをきれいにするには、塩素系のカビとり剤が有効だといわれています。

塩素系のカビとり剤には、カビの胞子や菌糸を殺菌、漂白する効果があると考えられているからです。

塩素系のカビとり剤を天井にスプレーするのは、人体へのリスクが高まるため、柄の長い掃除道具などを使って掃除するようにしましょう。

お風呂掃除や換気を怠るとカビを発生させる原因に

「なにもしていないのに、お風呂にカビが生えてくるのはなぜ?」と、思ったことはありませんか?

そう、カビは何もしなくてもお風呂の天井や壁にどんどん生えてしまいます。

反対に言えば、「何もしないこと」こそがカビを生やしてしまう原因ともいえるのです。

日頃からお風呂掃除を怠ってしまうと、天井や壁についた皮脂汚れや垢、埃などもそのままの状態になります。

それらはカビの養分になってしまうため、どんどんカビを発生させてしまいかねません。

また、浴室の換気をしないのも、カビの原因となります。

浴室の黒カビは20~30℃くらいの温度、85%RHの湿度で増殖するといわれており、換気不足の浴室は、カビにとって絶好の場所といっても過言ではありません。

特に、お風呂上がりの温度、湿度共に高い状態で換気をしないのは危険だといえます。

カビの原因を作らないよう、まずは日常的なお風呂掃除、浴室の換気などを心がけるようにしましょう。

お風呂のカビは塩素系のカビとり剤を使って掃除

お風呂の天井や壁に黒いカビが発生してしまった時は、どのように対処すればよいのでしょうか?

市販されているような、塩素系のカビとり剤を使って掃除するのがおすすめです。

塩素系のカビとり剤には、カビの胞子や菌糸を殺菌、漂白する効果があるといわれています。

また、カビとり剤をかけた後、天井や壁などをすぐにゴシゴシと擦るのは逆効果といわれており、カビとり剤をかけた後、5分程度時間を置いてからお湯で洗い流すのがよいでしょう。

洗い流す際に使うお湯は、50℃以上が良いといわれており、シャワーで1分~2分程度かけるとよいです。

カビがタイルの目地に入り込んでしまったとしても、表面から1ミリ以上奥に行くことはないと考えられており、50℃以上のお湯を5秒かければ死滅させることが可能です。

一般的に、浴室でカビが成長するには7日~10日ほどかかるといわれています。

そのため、このペースでカビとりのお風呂掃除を行うとよいでしょう。

天井のカビを掃除する時は柄の長いモップを使う

浴室のカビのなかでも、天井についてしまったものというのは、手が届きにくく、掃除するのが大変だといえます。

特に、高齢者の方や身長の低い女性などの場合、スプレーと雑巾を持った状態で脚立に上がるのは大変危険だといえます。

また、天井に直接スプレーするのは、目や口などにカビとり剤が入ってしまう恐れもあるため避けた方がよいです。

天井をきれいにするのに使いたいのが、長い柄の付いたモップタイプの掃除道具。

モップの先端にカビとり剤を付ければ、高い位置にあるカビにも対応できますし、人体へのリスクも最小限に抑えられます。

この場合でも、カビが天井から降りそそぐ可能性があるため、掃除の際には必ずメガネやマスク、手袋などを着用することをおすすめします。

カビ取り剤のニオイで気分が悪くならないように、使用時には換気も行ってください。

(まとめ)お風呂掃除で厄介な天井のカビをきれいにするには?

  1. 天井のカビは塩素系のカビとり剤を使い柄の長いものでお風呂掃除。
    天井を含め、お風呂にこびりついているカビは塩素系のカビとり剤できれいにするとよいです。カビとり剤を天井に直接スプレーすると目に入るなどの危険があるため、柄の長い道具を使うようにしましょう。
  2. お風呂掃除や換気を怠るとカビを発生させる原因に。
    カビが発生する原因の一つが「お風呂掃除をしないこと」です。浴室内のあらゆる汚れを養分に、カビはどんどん繁殖してしまいます。また、浴室の換気不足が挙げられます。お風呂の温度、湿度はカビの繁殖にちょうどいい条件といわれているからです。
  3. お風呂のカビは塩素系のカビとり剤を使って掃除。
    お風呂のカビは7日~10日で成長するといわれているため、この間隔でお風呂掃除を行うと良いです。お風呂のカビには塩素系のカビとり剤を使うのが良いといわれており、カビとり剤をかけた後は5分程度時間を置いてから50℃以上のお湯で洗い流しましょう。
  4. 天井のカビを掃除する時は柄の長いモップを使う。
    天井のカビを掃除する時は、スプレーを使用するのではなく、柄の長いモップを使用すれば、転倒などのリスクを抑えることができます。カビの人体への影響を防ぐためにも、掃除の際にはメガネやマスク、手袋などを身に付けましょう。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る