育児で掃除できない場合はどうすればいい?

出産・子育て


育児をしていると、子供の世話で時間を取られてしまって、なかなか掃除できないことも多いです。
こんな時にまとまった掃除の時間を作ろうとすると大変です。

そこで育児をしているならば、子供と一緒に掃除して、掃除の時間も作り出しましょう。
赤ちゃんをおんぶしながら、子供と遊び感覚で一緒に掃除するなど、育児の邪魔にならずに掃除をする工夫をしましょう。

掃除は子供と一緒に楽しくしましょう

育児をしているとなると、なかなかじっくりと掃除する時間を作るのは難しいものです。

そんなときには、子供と一緒に掃除をすると、育児のついでとして掃除を行えます。

小さい子供や赤ちゃんがいるならばおんぶしながら、ある程度歩き回れる少し大きくなった子供ならば、一緒に掃除します。

このときには、ただ掃除をするのではなく、だんだん綺麗になってきたね、気持ちがよいね、などと声を掛けていくことで、子供も掃除して部屋が綺麗になり、爽快感などを体験できます。

もしも子供が掃除機などに興味をもったならば、子供に掃除機をかけさせてみても良いでしょう。

特に家電製品が好きな子供ならば、掃除機にも興味を持ちます。

ただ押し入れの中の整理などは子供が興味を示して邪魔する事も多く、棚の上などは埃が舞って子供が吸い込む危険もあるので、子供が外で遊んでいたり、寝ていたりする間に行なうのが良いです。

子供と一緒に掃除をするならば、まずはできそうなところから始めてみると、掃除しやすく、子供も掃除に加わりやすいです。

ほどよく手抜きして掃除します

完璧にこなそうとする人ほど、育児も家事も両立させて頑張ろうとしてしまいます。

育児を完璧にすると時間がなく、その中でさらに家事も完璧にしようとすると、毎日育児と家事で休む暇もなく、疲れてしまいます。

そこで家事は出来るところまでしておき、程よく手を抜くのです。

程よく手を抜くと言っても、家事を雑にすると言うことではなく、無理をせず簡単に家事を行なうというのがポイントです。

たとえば1日3回食事を作って3回食器を洗わなくても、健康で美味しい食事は出来ます。

そのようにすると、労力を沢山使わず済むばかりでなく、水やエネルギーも大量消費せず済みます。

程よく手を抜くということは、逆に言うとしなくても良い家事は行なわないということであり、これにより育児の中でも家事が出来るようになります。

また家事を毎日行なっては大変なので、時には他の人にしてもらうという考え方もあります。

家事代行サービスを使うというのも良く、多少のお金はかかってしまいますが、家事を頼むとたとえば掃除にしても、プロの力で綺麗にピカピカにしてくれるのでとても便利で助かります。

家事代行サービスを使えば、家事を行なう時間を、他のことに使えます。

子供の体に害のないものを使って掃除しましょう

子供と一緒に掃除を行なうならば、掃除道具にも気を配りましょう。特に赤ちゃんは、物を見つけるとなんでも口に入れたがります。そのようなことを考えると、掃除グッズも体に害のないものを使う方が良いといえます。

また、漂白剤などを使ってつけ置きしている際に、子供が手で触って手を舐める危険もあります。

体に害がないといえる掃除グッズには、このようなものがあります。 重曹はアルカリ性であり、ベーキングパウダーとしても食品に使われるので、安全な成分です。油汚れや皮脂汚れなどを分解して落としやすくします。台所や洗面所、トイレ、お風呂場など水回りを掃除するのに役立ちます。

クエン酸は酸性であり、石けんカスや水垢を分解します。クエン酸は梅干しやレモンに含まれる成分であり、これも口に入れても安全です。同じ酸性の食品としてお酢を使っても良いですが、ニオイがあるので、ニオイが気になる方はクエン酸を使った方が良いです。

お風呂に入るときは、重曹を大さじ3杯ほど入れて入るとお肌を柔らかくするという効果があります。さらには、浴槽に張った重曹の混ざったお湯が、浴槽の皮脂汚れなどを落としやすくしてくれます。

お風呂上がりに軽く床や壁をこすって、残り湯で洗い流すだけで十分に綺麗になります。その他にも天然成分の石けんや洗剤などもあるので、それを使っても良いでしょう。

(まとめ)育児で掃除できない場合はどうすればいい?

  1. 育児で掃除できないときは子供と一緒に掃除しましょう 育児で忙しく掃除できないという場合は、子供と一緒に掃除しましょう。 赤ちゃんをおんぶしながら、子供と遊び感覚で掃除するなどすると、育児中でも掃除することができます。
  2. 掃除は子供と一緒に楽しくしましょう 育児をしている間の掃除は、子供と一緒に行なうと、子供が邪魔せずに行えます。 掃除の中では綺麗になってきたねなどと声をかけたり、子供が掃除に興味を示したらやらせてみたりしても良いでしょう。
  3. ほどよく手抜きして掃除します 家事は完璧に行なおうとすると、時間がかかり、育児をするなかでの家事は大変になります。 家事は程よく手を抜くのがポイントであり、無理せず簡単に家事を行なうという考え方で進めていきます。
  4. 子供の体に害のないものを使って掃除しましょう 子供がいる間に掃除をすることを考えると、口に入れても害のない天然成分のものを使い掃除するのが良いです。 食品にも使われている重曹やクエン酸を使うと体にも安全であり、汚れも綺麗に落ちます。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る