お風呂掃除の基本とは?

お風呂掃除


お風呂掃除は入浴直後に行なうのが基本

お風呂の汚れを落とすならばお風呂上がりにすぐ行なうのが良く、入浴直後は、汚れも柔らかくなっているので落としやすいといえます。

汚れには、皮脂などの脂汚れ、水垢やシャンプーなどの汚れがあります。

これらは重曹とクエン酸を使って掃除をすると、汚れを簡単に落とせます

お風呂場はもともと汚れやすい場所

お風呂場は毎日使う場所であり、水を使ったり、シャンプーを使ったり、体の汚れを落としますので、どうしても汚れが残りやすく出来やすい場所です。

汚れの種類としては、石けんカスや垢、埃や泥などの他に、シャンプーの汚れ、皮脂、水垢、さらには黒カビと色々あります。

またタイルの目地や排水口の部分など、細かい部分はどうしても汚れやすく、掃除もしにくい場所です。

そうして毎日お風呂を使う間に、ヌメリや黒カビ、水垢が発生し、悪臭を発するようにもなります。

実際にお風呂の壁や床を触ると、ぬるぬるしていたり、水垢となってくっきり跡が出来ていたり、黒カビで一部が黒くなっていたりと、こうなると目に見える形で汚れがわかります。

お風呂場は皮脂などの酸性の汚れと、水垢などのアルカリ性の汚れがあり、酸性とアルカリ性両方の汚れが発生する部分であり、また頑固にこびりつきますので、水で流すぐらいではきれいにはならないのです。

このために、それぞれに対応した方法を使い洗っていくことが必要であり、このような頑固な汚れは、洗剤ではなかなか落ちないようなことも多いのです。

そこでこの両方の汚れを落とすために、重曹とクエン酸を使うときれいに掃除ができます。

お風呂場のカビなどは週に一度はチェック

お風呂場は使う頻度やその人数によっても汚れの程度が違ってきます。

また浴室に多くのアイテムが多いほど汚れやすく、シャンプーやスポンジ、石けんにリンスやコンディショナーなど、使う物が多いほど汚れやすくなります。

実際にどれぐらい汚れているかは、目で見てもある程度わかりますが、また換気をせず密閉しても、悪臭がするとどこかに汚れがある証拠です。

シャワーを使うと、自然と水滴は天井などに付着したとしても、壁を伝い下へと移動してきます。

これはシャンプーやリンスなどでも同じであり、このためにお風呂は床に近い部分ほど汚れやすいです。

汚れの1つとして黒カビがありますが、お風呂を使用した後にシャワーで水洗いしても、黒カビは発生します。

湿気が多く湿度が高くなりやすい場所のため自然と黒カビは発生しますので、毎回シャワーで水洗いするぐらいならば週に1度お風呂掃除をした方がカビも防げて、水も無駄になりません。

お風呂をきれいに保つならば、掃除の頻度はもちろん高い方がきれいに保てます。

ただ毎日スポンジを使って洗うというのは時間的にも無理があり、体力も使い疲れるだけです。

このために1週間に1度は浴室を見て、汚れていたら掃除をするようにした方が良いです。

お風呂掃除には重曹とクエン酸

お風呂掃除をするならば、まずは重曹とクエン酸を用意します。

また浴室掃除用のスポンジやクロス、さらには手に持って使いやすい小型のブラシや歯ブラシを用意します。

掃除するのは入浴後が一番ですが、時間がないならば1週間に1度程度の頻度で行ないます。

まずは掃除用のスポンジに重曹を多めにつけて、タイルなどを円を描くようにこすっていきます。

壁や浴槽など皮脂汚れなどが気になるところを重点的にこすっていきます。

石けんカスなどが付いたところも重曹で落とすことが出来ますので、そのような部分もゴシゴシ掃除します。

スポンジは水を含ませても良いですが、重曹自体が研磨材となりますので、汚れを落とすのに効果的です。

軽くシャワーで洗った部分を流していったら、次はクエン酸をスポンジに付けて同様にゴシゴシ磨き、水垢などが気になる部分を重点的に掃除します。

クエン酸は水垢を落とすのに効果的であり、水道水のカルシウム汚れをよく落とします。

磨き終わったらシャワーで全体を水洗いし、クエン酸や重曹の成分が残らないようによくすすぎましょう。

目地や排水口などの細かい部分は、歯ブラシなどを使って掃除すると行いやすいです。

(まとめ)お風呂掃除の基本とは?

  • お風呂掃除は入浴直後に行なうのが基本。
    お風呂の汚れは入浴直後に行なうのが一番簡単で汚れを落としやすいです。皮脂などの汚れや、水垢やシャンプーの汚れがありますので、重曹やクエン酸を使用して掃除をします。
  • お風呂場はもともと汚れやすい場所。
    お風呂場は毎日使い、水やシャンプーなどを使い、体の汚れも落とすので、自然と汚れやすい場所です。そんなところの掃除には、重曹とクエン酸を使うと良く汚れが落ちます。
  • お風呂場のカビなどは週に一度はチェック。
    お風呂場は使う頻度が高いほど汚れやすく、黒カビなども自然と発生します。このために出来るだけ多く掃除はした方が良いですが、最低でも1週間に1度は浴室の様子を見て、汚れていたら掃除をすべきです。
  • お風呂掃除には重曹とクエン酸。
    まずはスポンジに重曹をつけて、汚れが気になる部分をこすり、シャワーで流します。次にスポンジにクエン酸をつけて、同じく汚れが気になる部分をこすり、最後はシャワーで流して終了です。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る