共働きの家事がストレスにならない方法はある?

共働き


共働きの家事では便利な物を利用するのがストレス軽減への道

共働きだと何かと忙しく時間も限られます。

そのようななかでは、毎日しっかりと家事を行なっては、いくら夫婦で分担してもストレスは発生するでしょう。

そこで家事は食事は時にはレトルト食品を利用する、家事代行サービスで代わりにしてもらうなどあります。

家事でも便利な道具やサービスなどがあるので、それらを使うと家事でのストレスを減らせます。

家事は如何にして手間をかけないかがストレスを減らすポイント

共働きしていると、家事を行なう時間は限られるので、如何にして効率よく行えるか、または時には手抜きできるかを考えると、ストレスも少なくなります。

洗濯ならば、夜寝ている間にタイマーを使って朝起きるときに完了させる、お風呂に入っている時などに回しておくなどの方法があります。

休みの日にまとめて洗濯をしても良いですが、こまめにして洗う衣類が少ないと、それだけ家事の負担も少ないです。

食事にしても、毎回料理して食事後に食器洗いをしていては、毎日のことで嫌になる場合もあるでしょう。

そのために、時にはレトルト食品や冷凍食品、または出来合いの総菜などを使うと楽です。

まとめて作り置きしてレンジで温めるだけで食べられるようにする、紙皿などを使って食器洗いをしなくて済むようにする、などの方法もあります。

家事をしっかりと行なうときは行い、毎日の中で効率化できたり手抜きできたりするときは、時にはそのようにしてみると、ストレスも軽減できます。

家事代行サービスを利用するのも負担を少なくできる

家事は一度行なうと終わりはありません。

区切りを付けて家事を行なうにしても、毎日家事のために時間をとっては、他の事の時間が少なくなり大変です。

生活するなかでは、手の空いている隙間の時間ができるので、そのような時にさっと家事を行なうと、負担を減らせます。

掃除道具は適材適所に配置、すぐに手にとって使えるようにしておくと、短い時間での掃除もできます。

しかし、そのような隙間時間を利用するのも難しいというならば、家事代行サービスを利用するというのを考えてみてはいかがでしょうか?
家事代行サービスは、自分たちに代わって家事を行なってくれるサービスです。

1回の依頼では2時間から依頼できるものが多く、毎日でなくても、週に1回依頼しても自分の家事の負担を減らせます。

家事代行サービスを利用するならば、その時間は買い物に出かけたり、美容室や病院に行ったりということも可能です。

自分たちが不在の間に、家事をしてもらうことも出来ます。

ただし不在時に他人を家に入れるのが嫌だというならば、家事代行サービスのスタッフにはリビングなどを掃除してもらい、自分は子供部屋を片付けるなどの使い方もできます。

朝型にシフトして家事の時間を捻出

共働きの家庭では、とにかく時間がないというのがネックで、そのなかで家事を行なうため、ストレスも発生しやすくなります。

仕事から帰ってきて、疲れているなかで家事を行なうと、余計に疲れてストレスも発生します。

そこでおすすめなのが、朝型にシフトする生活です。

朝は出社しないとならないので、時間は限られますが、集中して家事を行なうことができ、朝起きて体を休めた後に家事をできます。

早起きは体にも良いのとはわかっていても、なかなか実践するのは難しいものです。

そのために、夫婦揃ってお互いに声をかけて、朝型にシフトするとよいでしょう。

朝型にシフトして、朝に家事を行なうと、効率よく行なうことができ、体力的にも負担が減ります。

夫婦どちらかだけが朝早く起きると、もう少しだけと怠けてしまうので、夫婦で早起きするのが良いのです。

朝型にシフトするのは、余裕を持って出社することができる、また生活リズムも夜遅くまで起きずに済むので、規則正しい生活ができるなどのメリットも多くあります。

現在が夜型だとすぐに朝型にするのは大変ですが、家事の事を考えて思い切って朝型にするのも良いです。

(まとめ)共働きの家事がストレスにならない方法はある?

  1. 共働きの家事では便利な物を利用するのがストレス軽減への道。
    共働きでは、便利なサービスや道具を使うとストレス軽減に繋がります。時には食事は冷凍食品やレトルト食品を使う、週に1回家事代行サービスで代わりに家事をしてもらうなどの方法です。
  2. 家事は如何にして手間をかけないかがストレスを減らすポイント。
    共働きの家事では、家事を効率化する、または時には手抜きするというのがストレスを発生させない方法です。洗濯は眠っている間やお風呂に入っている間に行なう、料理は冷凍食品やレトルト食品を使うなどの方法があります。
  3. 家事代行サービスを利用するのも負担を少なくできる。
    家事の負担を減らすならば、生活のなかで手の空いている時間に、さっと掃除などをするという方法もあります。ただ、そのような時間もないというならば、自分たちに代わって家事をしてくれる家事代行サービスもあります。
  4. 朝型にシフトして家事の時間を捻出。
    忙しい共働きの中で、夜仕事から帰って家事をするのは、疲れているなかで行なうので余計に疲れます。朝型に生活をシフトし、朝起きた後に家事を行なうようにすると、疲れも少なくストレスも少なくなります。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る