家事と仕事が両立できる!夫が「専業主夫」になるメリットとデメリットは?

共働き


この記事を読んで欲しい人

  • お子さんとの時間がなかなか取れない。

  • 夫婦間での家事役割でギクシャクしている。

  • 共働きだけれど、もっとゆとりが欲しい。

  • 家事代行サービスやハウスクリーニングに少しでも興味がある。

  • 少しでも心身ともに余裕が欲しいと感じている。

  • 共働きで忙しく、料理が作れない。

共働きの夫婦は、平日の家事と育児の分担で揉め事を起こしやすいといわれています。特に、女性側の方に家事や育児の負担がかかりやすい傾向にあり、家事に追われることで子供とのコミュニケーションを取る時間などがなくなってしまうという問題が生じることもあります。

共働きの家庭では、家事と育児の両立には工夫が必要になるでしょう。

共働きの夫婦が家事と育児を両立するには工夫が必要

経済的に余裕をもって生活するために共働きを選んだという夫婦が多いといいます。しかし、共働きの世帯で問題になってくるのが「家事」と「育児」です。夫婦ともに働きに出ているとなると、家事や育児をすべてこなすのは非常に困難なことだといえます。

それゆえ、共働き世帯の夫婦は、家事や育児の分担で揉め事を起こしやすいといわれています。家事を優先すれば育児の時間が減り、子どもとのコミュニケーションを取る機会が少なくなってしまいます。共働きの夫婦が家事と育児を両立していくには、工夫が必要になってくるでしょう。

夫婦で家事や育児の役割分担を行うことも工夫できるひとつのポイントだといえます。

しかし、家事をプロの業者に依頼するという方法もあるのです。
プロの業者が家事を行う「家事代行サービス」は、共働きの夫婦の利用が増加傾向にあるといいます。

以下に当てはまるという方は、利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

・子どもが小さく、家事よりも育児に時間をかけたい
・自分の時間や夫婦の時間が足りない
・夫がなかなか家事をしてくれない
・家事や育児の分担方法に不満がある
・経済的にある程度余裕がある

共働きの世帯では、女性側に家事の負担がかかる傾向

従来、夫が働きに出て妻が専業主婦をする(または妻が働きに出て夫が専業主夫をする)という家庭が多く、家にいる方が家事や育児を行うという考え方が主流でした。ですが、女性の社会進出が進む中で、このような考え方は少なくなり、家事は夫婦で分担するものだという意識が浸透するようになりました。

とはいうものの、結局は女性側の方に家事や育児の負担がかかりやすい傾向にあるのが現状です。例えば、ある共働き世帯では、平日の家事は妻が行い、休日の家事は夫婦で分担するという暗黙のルールになっているといいます。また別の世帯では、普段の家事は妻が6割方行い、場合によっては9割方負担がかかっているといいます。

実際、女性側は男性にどれくらいの割合で家事を手伝ってほしいと考えているのでしょうか。女性側の本音としては、「5割ずつ完全に分担したい」とまではいかなくとも、3~4割程度は手伝ってほしいと考えている方が多いようです。

家事をしなければならないために育児が疎かになってしまうというのは、子どもの成長にとっても悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。

夫に専業主夫になってもらう方法もある

夫のほうが家事や育児に適性があり、妻の収入だけでも暮らしていくことができる場合、「夫が主夫になり家事をメインに行う」という選択肢もあります。しかし、専業で家事を行うというと、まだ妻の役割というイメージが強いかもしれません。そこで、現在の日本社会で専業主夫が偏見を持たれることなく受け入れられるのかどうかを調べてみました。

婚活相談や結婚相談所を運営するパートナーエージェントの調査では、「夫が仕事を辞めて専業主夫になってもよい」と思っている人は、男性では51.5%、女性では49.6%だと報告しています。つまり、男女共に約半数の人が専業主夫に肯定的であるということになります。

また、最近は専業主夫や家政夫を取り上げたドラマなどが注目され、さまざまなメディアで男性が料理や子育てなどの家事を行う特集が組まれるようになってきました。このような現象は、今の日本で家事をする男性像がメジャーになってきた証だともいえます。「女性がメインで家事や育児を行うのは当たり前だ」という偏見は今後も少なくなっていくことでしょう。

夫が専業主夫になるメリット

夫が専業主夫になると、家事や育児を任せられるほかにも、さまざまなメリットがあります。代表的なメリットを3つ紹介しましょう。

1.女性が仕事に専念できる

最近は、女性の社会進出が当たり前になってきました。キャリアを積んで管理職を目指す女性も増え、社会で精力的に仕事をしたいと思っている人も少なくありません。夫が専業主夫になることで妻はさらに仕事に専念できるようになるでしょう。

2.お互いの立場を思いやれる

夫婦でお互いを理解し納得した上で家事分担を決めることは、それぞれの立場を思いやる気持ちにも繋がります。仕事をする大変さや家事をする大変さをそれぞれが体感することで、今まで以上に家庭円満になることでしょう。

3.夫と子どもの時間が増える

夫が仕事よりも子どもとの時間を大切にしたいと思うのであれば、夫に専業主夫になってもらうのもいいかもしれません。専業主夫になれば、夫と子どもの会話やスキンシップの時間が増えます。そのことで子どもにとって父親の存在感が増し、親子の絆がますます深まるでしょう。

夫が専業主夫になるデメリット

それでは、逆にデメリットはあるのでしょうか。考えられるデメリットを3つ紹介します。

1.主夫であることを世間に言いづらい

最近は専業主夫の存在が少しずつ知られるようになってきましたが、中には専業主夫に否定的だったり、特別な目で見たりする人もいます。そのため、世間に向かって「自分は専業主夫をやっている」、「私の夫は専業主夫です」と言いづらいときもあるかもしれません。

2.夫が仕事をしていないことを後ろめたく感じる

熱心に家事や育児に専念していても、お金を稼がずに専業主夫をしていることに後ろめたさを感じてしまう人もいます。「男は働いて家族を養うべき」という考えが染み付いているうちは、戸惑いがあるかもしれません。時代は変わっていると考え、夫婦で納得して専業主夫をしていることを再認識するとよいでしょう。

3.共働きよりも世帯収入が少なくなってしまう

夫が専業主夫になるために会社を辞める場合、共働きであったときよりも世帯収入は減る可能性があります。妻の収入だけで家庭を支えることに不安であれば、もう一度夫婦でよく話し合ってみましょう。

専業主夫が家事を効率よくこなすコツ

今まで家事をしてこなかった男性の場合、専業主夫になっても家事に慣れるまでに時間がかかることがあります。そこで、主夫が家事や育児を効率的にこなすためのコツを4つ紹介します。

1. 家事を仕事として考える

今まで仕事中心の生活を送っていた人が専業主夫になると、家事が無料の奉仕活動のように思えてしまうこともあります。さらに家事には終わりがないため、モチベーションを常に高く持ち続けることはなかなか難しいでしょう。

そのような場合は、家事を会社の仕事と同じように家庭内の仕事だと想定すれば、攻略欲が湧いて積極的に対応できるようになるかもしれません。家事に対し、「どう効率化するか?」、「どのような手順(ステップ)で進めていくか?」など、家事をビジネスのように解決してみてはいかがでしょう。

2. 完璧を目指さない

家事を完璧にこなそうと頑張っても、やることがあり過ぎてキリがないと感じることもあるでしょう。そこで、ひとつの家事を「完璧に行う」のではなく、まずは形だけでも全体をざっと「終わらせる」ことをおすすめします。

食事作りを例に挙げてみましょう。「毎日の食事は手作りであるべきだ」と思っていると毎日の負担が重くなるので、「たまには手を抜いて冷凍食品やレトルト食品を使ってもいい」と考え方を少しゆるめてみましょう。また、料理をする時間がないときなどは、「お惣菜を買ってきてもいい」、「出前館やウーバーイーツなどのデリバリーを頼んでもいい」と、割り切ってしまうことも大切です。

3. 主夫でも家事を分担する

専業で家庭を切り盛りする立場であっても、家事や育児を100%担当する必要はありません。また、どちらかが収入を支える立場であっても、家事を相手に丸投げしてしまうのはNGです。家事や育児はやればやるほど終わりが見えなくなってしまうことがありますので、できるかぎり夫婦で分担して家庭を支えていくようにしましょう。

誰がどのような家事を担当したらいいのか分からない場合、家事全体のボリュームが見えなくなっている可能性があります。日常的にやるべき家事は、細かく書き出してリスト化しておくことで全体像がはっきりと見えてくるでしょう。その上でお互いができるものを分担決めしておけば、家事をスムーズに行うことができます。

4. 便利なサービスを活用する

家事を楽に進めるためには、便利グッズや家電、サービスなどを積極的に利用するといいでしょう。最近は、家事の負担をだいぶ軽減してくれるような家電が増えてきています。ロボット型掃除機や食器乾燥機、電気自動調理器、ドラム式洗濯乾燥機などの生活家電を上手に利用し、掃除や洗濯、料理の時短を目指しましょう。
また、最近は家事代行サービスや料理デリバリーなど「家事の外注」が、メジャーになってきました。家事や育児で疲れたときはこのようなサービスを利用するのもおすすめです。中には、自分の家のことを他人の手に委ねることに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、家族と一緒の憩いの時間や心の余裕を持ちたいと思うのであれば、これらを進んで利用してみるのもいいでしょう。

家事代行サービスは様々な家事に対応

家事の分担で揉め事を起こしたり、子育てにかける時間が減ってしまったりするのであれば、家事代行サービスを利用したほうが賢明といえるでしょう。しかし、家事代行サービスを利用したことのない人にとって、どの業者を選ぶべきなのか非常に迷うところだと思います。

そこで、家事代行サービスを利用する際の注意点をまとめてみました。

料金とサービス内容を確認しておく

料金やサービス内容は業者によって異なります。プラン料金の他にスタッフの交通費などが別途発生する場合があるので注意しておきましょう。また、プランで依頼する場合、プラン内でできるサービスの内容も確認しておきます。

依頼する内容を前もって決める

家事代行サービスでは、日常の掃除だけでなく、料理や買い物、布団干しなどの全般的な家事、また、子どもの世話や送り迎えを行っている場合があります。どんなサービスを利用したいのか前もって決めておき、依頼したい内容に沿って業者選びをすることが大切です。

家事代行サービスを利用するにあたり、不明点や不安ごとがあるのであれば、業者に直接相談してみるとよいです。

(まとめ)共働き世帯では、家事と育児の両立はやっぱり難しい?

  1. 共働きでは、家事と育児の両立には工夫が必要。
    共働きの夫婦は、家事と育児の分担で揉めやすく、女性側の方に大きな負担がかかっていることが多いといいます。家事を優先してしまえば子どもとの時間が減ってしまいますから、家事と育児の両立には工夫が必要でしょう。

  2. 共働きの夫婦が家事と育児を両立するには工夫が必要。
    共働きの夫婦は、家事と育児をこなすのが難しく、家事を優先すれば子供との時間が減ってしまうという悪循環になりがちです。夫婦で家事や育児の分担を決める、あるいは家事代行サービスを利用するなどの工夫が必要でしょう。

  3. 共働きの世帯では、女性側に家事の負担がかかる傾向。
    女性の社会進出が進み、共働きの世帯が増加する一方、女性側に家事や育児の負担がかかりやすくなっているといいます。家事を分担できているという夫婦は少なく、結果、育児にかける時間が減ってしまうという問題点があります。

  4. 家事代行サービスは様々な家事に対応。
    家事代行サービスを利用するにあたり注意したいことは、まず、料金やサービス内容を確認しておくことです。家事代行サービスには日常の掃除以外にも、様々な家事や子どもの世話などにも対応している場合があります。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る