共働き世帯では、家事と育児の両立はやっぱり難しい?

共働き


この記事を読んで欲しい人

  • お子さんとの時間がなかなか取れない。

  • 夫婦間での家事役割でギクシャクしている。

  • 共働きだけれど、もっとゆとりが欲しい。

  • 家事代行サービスに少しでも興味がある。

  • 共働きで忙しく、料理が作れない。

共働きの夫婦は、平日の家事と育児の分担で揉め事を起こしやすいといわれています。特に、女性側の方に家事や育児の負担がかかりやすい傾向にあり、家事に追われることで子供とのコミュニケーションを取る時間などがなくなってしまうという問題が生じることもあります。

共働きの家庭では、家事と育児の両立には工夫が必要になるでしょう。

共働きの夫婦が家事と育児を両立するには工夫が必要

経済的に余裕をもって生活するために共働きを選んだという夫婦が多いといいます。しかし、共働きの世帯で問題になってくるのが「家事」と「育児」です。夫婦ともに働きに出ているとなると、家事や育児をすべてこなすのは非常に困難なことだといえます。

それゆえ、共働き世帯の夫婦は、家事や育児の分担で揉め事を起こしやすいといわれています。家事を優先すれば育児の時間が減り、子どもとのコミュニケーションを取る機会が少なくなってしまいます。共働きの夫婦が家事と育児を両立していくには、工夫が必要になってくるでしょう。

夫婦で家事や育児の役割分担を行うことも工夫できるひとつのポイントだといえます。

しかし、家事をプロの業者に依頼するという方法もあるのです。
プロの業者が家事を行う「家事代行サービス」は、共働きの夫婦の利用が増加傾向にあるといいます。

以下に当てはまるという方は、利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

・子どもが小さく、家事よりも育児に時間をかけたい
・自分の時間や夫婦の時間が足りない
・夫がなかなか家事をしてくれない
・家事や育児の分担方法に不満がある
・経済的にある程度余裕がある

共働きの世帯では、女性側に家事の負担がかかる傾向

従来、夫が働きに出て妻が専業主婦をする(または妻が働きに出て夫が専業主夫をする)という家庭が多く、家にいる方が家事や育児を行うという考え方が主流でした。ですが、女性の社会進出が進む中で、このような考え方は少なくなり、家事は夫婦で分担するものだという意識が浸透するようになりました。

とはいうものの、結局は女性側の方に家事や育児の負担がかかりやすい傾向にあるのが現状です。例えば、ある共働き世帯では、平日の家事は妻が行い、休日の家事は夫婦で分担するという暗黙のルールになっているといいます。また別の世帯では、普段の家事は妻が6割方行い、場合によっては9割方負担がかかっているといいます。

実際、女性側は男性にどれくらいの割合で家事を手伝ってほしいと考えているのでしょうか。女性側の本音としては、「5割ずつ完全に分担したい」とまではいかなくとも、3~4割程度は手伝ってほしいと考えている方が多いようです。

家事をしなければならないために育児が疎かになってしまうというのは、子どもの成長にとっても悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。

家事代行サービスは様々な家事に対応

家事の分担で揉め事を起こしたり、子育てにかける時間が減ってしまったりするのであれば、家事代行サービスを利用したほうが賢明といえるでしょう。しかし、家事代行サービスを利用したことのない人にとって、どの業者を選ぶべきなのか非常に迷うところだと思います。

そこで、家事代行サービスを利用する際の注意点をまとめてみました。

料金とサービス内容を確認しておく

料金やサービス内容は業者によって異なります。プラン料金の他にスタッフの交通費などが別途発生する場合があるので注意しておきましょう。また、プランで依頼する場合、プラン内でできるサービスの内容も確認しておきます。

依頼する内容を前もって決める

家事代行サービスでは、日常の掃除だけでなく、料理や買い物、布団干しなどの全般的な家事、また、子どもの世話や送り迎えを行っている場合があります。どんなサービスを利用したいのか前もって決めておき、依頼したい内容に沿って業者選びをすることが大切です。

家事代行サービスを利用するにあたり、不明点や不安ごとがあるのであれば、業者に直接相談してみるとよいです。

(まとめ)共働き世帯では、家事と育児の両立はやっぱり難しい?

  1. 共働きでは、家事と育児の両立には工夫が必要。
    共働きの夫婦は、家事と育児の分担で揉めやすく、女性側の方に大きな負担がかかっていることが多いといいます。家事を優先してしまえば子どもとの時間が減ってしまいますから、家事と育児の両立には工夫が必要でしょう。

  2. 共働きの夫婦が家事と育児を両立するには工夫が必要。
    共働きの夫婦は、家事と育児をこなすのが難しく、家事を優先すれば子供との時間が減ってしまうという悪循環になりがちです。夫婦で家事や育児の分担を決める、あるいは家事代行サービスを利用するなどの工夫が必要でしょう。

  3. 共働きの世帯では、女性側に家事の負担がかかる傾向。
    女性の社会進出が進み、共働きの世帯が増加する一方、女性側に家事や育児の負担がかかりやすくなっているといいます。家事を分担できているという夫婦は少なく、結果、育児にかける時間が減ってしまうという問題点があります。

  4. 家事代行サービスは様々な家事に対応。
    家事代行サービスを利用するにあたり注意したいことは、まず、料金やサービス内容を確認しておくことです。家事代行サービスには日常の掃除以外にも、様々な家事や子どもの世話などにも対応している場合があります。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る