共働き家庭の家事を効率化する方法とは?

共働き


夫婦が共働きの家庭では、家事にかける時間が不足していると感じる傾向にあります。

家事を上手く回していくには、家事を効率化する必要があります。

そのためには、まず情報整理を行うことから始めるべきです。

やるべき家事には何があるのか、誰がどの家事をやるのか、いつまでに終わらせるのかなど、一つ一つの情報をリストアップしていきましょう。

家事を効率化するために情報整理

夫婦が共働きの家庭では、そうでない家庭に比べると家事にかけられる時間が圧倒的に少ないといえます。

家事を効率化させるためには、まず現在の状況を把握した上で、今後の目標を立てていかなければなりません。

そして、そのためには情報整理が非常に大切だといえるでしょう。

ここでは、その内容についてご説明します。

やるべき家事には何があるのか

家事と一言で言ってもその幅は非常に広く、炊事・洗濯・掃除・買い物・ペットの世話など様々で、さらにその中でも細分割することができます。

例えば、炊事ひとつとっても、調理・後片付けと二分できますし、洗濯ひとつとっても、洗濯機を回す・洗濯物を干す・畳む・クローゼットにしまうと4分割することができます。

誰がどの家事を行うのか

家事は担当者を決めておいた方が、効率よく進めていくことができるといえます。

担当者を決めることで責任感も生まれますし、また、分担が不平等になるという問題も防げます。

それぞれの得意な家事を振り分けることで、より効率化できるでしょう。

いつまでに終わらせるのか

期限を決めておいた方が、家事をいつまでも放置しておくといった事態を避けられます。

もちろん、仕事に支障をきたさないよう無理のないスケジューリングを行うことが大切です。

整理した情報を家族で共有することが大切


情報の整理ができたら、次はいよいよ実行に移す時です。

共働きの夫婦がスケジュール通りに家事をしっかりとこなすのは困難なことです。

しかし、ちょっとした工夫をするだけで、スケジュールを崩すことなく家事を行うことが可能になります。

そのちょっとした工夫について説明していきましょう。

まずは整理した家事についての情報を、「見える」化することが大切です。

「こうしよう、ああしよう」と家族で話し合って決めた役割分担を頭で理解するだけでは、ついサボってしまいがちです。

「洗濯は今週中に妻が行う」
「トイレ掃除は15日までに夫が行う」
など、スケジュールを手書きまたはパソコンで文字にし、見えるところに貼っておきましょう。

また、掃除道具や調理器具の置いてある場所などの情報を家族間で共有しておくことも忘れないようにしましょう。

情報を共有しておくことで、万が一止むおえない事情で誰かが担当の家事を期限までにできなくなってしまった時、他の家族が代わりに家事を行うのが容易になります。

家事をより効率化するために様々な工夫を

家事を効率化するには情報の整理、情報の共有を行うことが重要ですが、それ以外にも様々な方法があります。

ここでは、家事の効率化に役立つおすすめの方法をご紹介します。

得意、不得意を考慮

家事の役割分担を行う時、得意不得意を考えた上で決めるとより効率よく進めることができるでしょう。

料理が好きな男性であれば夫が料理を担当するのもアリですし、買い物好きな女性なら妻が買い物を担当するのも良いと思います。

どうしても苦手な家事がある場合、家事代行サービスに依頼するのもひとつの手です。

収納は立てることを意識

家事に使う道具をしまう収納は、「立てる」ことがポイントになります。

例えばキッチンで使う調理器具(フライパンや鍋、食器など)は横にして積み上げていってしまうと取り出しにくくなってしまいます。

100円ショップで売られているファイルボックスやディッシュスタンドなどを利用し、立てて収納すればサッと取り出せて効率的です。

収納にはラベルを貼る

いざ家事を行おうとした時に、どこに何があるのか分からない状態では、それだけでモチベーションが下がってしまいます。

家事に必要な道具は、収納ボックスに入れてしまうと探しやすいのですが、収納にラベルを貼っておくことで「探す」手間を省くこともできます。

(まとめ)共働き家庭の家事を効率化する方法とは?

  1. 1.共働きの家庭で家事を効率化するためには、情報を整理し共有することが大切。
    共働きの家庭で家事を上手く回していくためには家事を効率化する必要があります。家事を効率化するには「どの家事を」、「誰が」、「いつまでに」行うのかなど、情報を整理することが大切だといえます。

  2. 家事を効率化するために情報整理。
    家事の効率化には、情報整理が大切です。家庭の中で行わなければならない家事は何なのか、誰がどの家事を行うのか、いつまでに終わらせるのかという三点を書き出していくことがポイントです。

  3. 整理した情報を家族で共有することが大切。
    頭の中で情報整理を行うだけでなく、スケジュールを見える化することが大切です。また、家族の誰かが突然担当の家事を期限までにできなくなった時のために、他の家族がいつでも代わりに家事を行えるよう情報共有しておくと良いです。

  4. 家事をより効率化するために様々な工夫を。
    家事をより効率化するためには、情報の整理や共有以外にも様々な工夫を行う必要があります。家事は得意分野を担当すること、立てることを意識した収納にすること、収納にはラベルを貼っておくことなどが具体的な例です。

Related -関連記事-

Pick Up -ピックアップ-

ページ上部へ戻る