きちんと掃除をしているつもりなのに、ぷ~んと漂うトイレの嫌なニオイに悩んでいませんか。トイレの汚れは目に見える便器内だけでなく、ふたの裏や便器の裏側などいろんなところに潜んでいます。そこで、トイレを清潔に保つお掃除のポイントや自家製アロマウォーターを使った3分程度でできる簡単お手入れ方法をご紹介します。

トイレのあのニオイ、壁や床が原因かも?

毎日便器をぴかぴかに磨いているのに、どうもあの湿ったニオイがしてきませんか。実は、トイレのあのニオイは、目に見えない場所についている汚れが原因と考えられるのです。ふたや便座の裏側には見えないカビが潜んでいることもあるので、きちんとお掃除しておくことが大切です。

また、盲点となっているのがトイレの床や壁。自分や家族が知らない間に汚れが飛び跳ねてついていることも。
だから、トイレ掃除のときは便器以外の床や壁なども一緒に拭いておくと汚れを取り去って、あの嫌なニオイを防ぐことができるんですよ。目に見えないところも見逃さずにしっかりと掃除しましょう。

便器や床の見えるところはキレイにできていても、便器の裏側や蓋、壁や床が原因になっていることも多いのです。ここも、日々のちょこちょこケアが大事なスポットです。
出典 : 自家製アロマウォーターで面倒なトイレ掃除も楽しく|日経DUAL

掃除してもすぐに臭ってくるトイレのニオイは、やはり尿などの飛び散りなどによって雑菌が発生することが主な原因。トイレのニオイの発生源になりやすい箇所は、床や壁、便器の裏などいくつかあります。お掃除がどうしても行き届かない箇所もあるので、注意が必要です
出典 : 掃除をしても臭う!トイレの臭いの原因と対策|マイレピ

手作りアロマウォーターでトイレをラクチン掃除

トイレ掃除のときにおすすめしたいのが手作りアロマウォーターです。自然の植物から抽出されたアロマオイルを使うと消毒効果で雑菌を抑えられるだけでなく、爽やかな香りも楽しめます。手軽にできる手作りアロマウォーターの作り方を知っておきましょう。

用意するもの

・好きな香りのアロマオイル(消毒・除菌効果のあるユーカリやティーツリー、ペパーミントがおすすめです)
・無水エタノール 80ml
・精製水20ml
・スプレーボトル

作り方

1. スプレーボトルに無水エタノールを80ml入れます。
2. 1にお好みのアロマオイルを20~25滴たらして、よく振り混ぜます。
3. 2に精製水20mlを加え、さらによく振り混ぜます。

簡単な3つのステップで完成した手作りアロマウォーターは、トイレのニオイ取りにピッタリです。ただし、壁紙や床が布でできているときや材質によってはアロマオイルがシミになる可能性があります。端など目立たないところで試してみてから使ってくださいね。
また、使用前にはよく振ってブレンドしてから使いましょう。

手作りアロマウォーターを使ったトイレ掃除とは?

それでは、手作りしたアロマウォーターを使ってトイレ掃除をしていきましょう。
まずは、尿などの汚れが飛び散りやすい場所を拭き取っていきます。

1. 雑巾や厚手の布にアロマウォーターをスプレーしてしみこませます。
2. 便器と床、壁など汚れやすい場所を吹いていきます。特に飛び散り汚れが出やすいのが便器の手前から便器の奥にかけて、そして、その床と周りの壁下20センチほどです。しっかりとアロマウオーターを浸した布でふき取りましょう。
3. タンクの水受け部分も変色した水あかがこびりついたり、ぬめりが発生しやすい部位です。雑菌が繁殖する前に、拭き取ってニオイを予防してください。

まとめ

自分で作った手作りアロマウォーターなら好きな香りに仕上げられるので掃除中も掃除した後も心地よい香りが楽しめます。
ただ、何度掃除してもニオイが良くならない場合、原因はどこなのか気になりますよね。
たとえば普段の掃除は家事代行サービスを時々利用して、月1回や年に数回はハウスクリーニング業者に依頼して専門技術と機材で徹底的にトイレの汚れを落としてもらうとよいでしょう。